HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    脳神経外科
  診療科等紹介TOPへ


 
大熊 洋揮

  診療科長
  大熊 洋揮
  総医長
  浅野 研一郎
  病棟医長
  嶋村 則人
  外来医長
  浅野 研一郎

  外来
  外来診療棟4階
  0172−39ー5288
  入院病棟
  第二病棟6階

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。


 
         
 
 脳神経外科治療の対象となる疾患は、脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍、頭部外傷、先天性奇形、機能的脳神経外科疾患などに大別されますが、当科ではこれら全ての疾患に対する治療を行っています。脳血管障害、頭部外傷などの急性疾患に対しては24時間体制で検査・緊急手術などの対応を行っています。また脳腫瘍、機能的脳神経外科疾患などに対しては、術中モニタリング、神経内視鏡、定位的手術、ナビゲーションシステムなどの併用により先進治療を行っています。
 外来診療は月・水・金曜日の午前に行っています。初診の場合には午前10時半までが受付となっています。また、再来の場合は予約外来が原則となっています。ただし、緊急疾患に対しては随時対応しています。専門外来は設けず、何れの曜日においても何れの疾患にも対応できるようにしています。
 

 

         
 
・脳血管障害
1) クモ膜下出血(破裂脳動脈瘤)
 発症24時間以内の急性期根治手術を行い、さらにクモ膜下出血特有の種々合併症に対して独自の治療法を開発し良好な成果を得ています。
2) 未破裂脳動脈瘤
   破裂脳動脈瘤手術経験の蓄積に基づき、合併症を最小限に抑えた手術(脳動脈瘤クリッピング術)を行っています。
3) 脳内出血
   独自に開発した神経内視鏡併用定位的装置による低侵襲的血腫除去術を行い良好な結果を得ています。

・脳腫瘍
1) 頭蓋底腫瘍・深部脳腫瘍:
   各種の術中モニタリングを開発・応用し、これらの併用により安全、確実な摘出術を遂行しています。
2) 悪性脳腫瘍:
   手術、化学療法、放射線治療などの集学的な治療を行い、QOLの向上を得ています。また、遺伝子治療などの独自の治療法の開発にも着手しています。
3) 間脳・下垂体腺種:
   神経内視鏡の併用による低侵襲的摘出術を行っています。

・機能的脳神経外科疾患
1) 顔面痙攣・三叉神経痛:
  術中モニタリングの併用下に安全かつ確実性の高い微小血管減圧術を施行しています。
 


氏  名 職名 専門分野
大熊 洋揮 教授   脳血管障害、頭蓋内腫瘍、脳神経外科疾患全般
浅野 研一郎 准教授   脳腫瘍、悪性脳腫瘍の集学的治療、脳血管障害
嶋村 則人 講師   機能的脳神経外科、神経外傷、脳血管障害
診療准教授
伊藤 勝博 講師   脳血管障害、脳神経外科救急疾患
奈良岡 征都 講師   脳神経外科
松田 尚也 医師   脳神経外科
片山 耕輔 医師   脳神経外科
角田 聖英 医師   脳神経外科
片貝  武 医師   脳神経外科
藤原  望 医師   脳神経外科


新患 再来 再来 再来 新患
再来 再来


脳神経外科学講座 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~neuros/
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)

Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.