HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    病理診断科/病理部
  診療科等紹介TOPへ




黒瀬 顕

  病科長
  病理部長
  黒瀬 顕
  病理部副部長
  加藤 哲子



  受付窓口
   中央診療棟 2階

  中央診療施設の案内図へ
  入院病棟のご案内に移動します。

 
         
 
 患者さんから採取されたさまざまな疾患の組織や細胞の病理組織標本や細胞診標本を作製して顕微鏡で観察し、病理診断を行うのが病理診断科の役割です。
 患者さんによりよい医療が提供できるよう、臨床医、病理医、細胞検査士、臨床検査技師が顕微鏡を見ながら診断や治療についてディスカッションしたり、若手臨床医が組織をみることにより治療の検証を行って医療の質を高める場でもあります。


 1.生検診断
 病変の一部を採取し病理診断します。良性悪性の判定だけでなく、治療方針の決定や治療効果の評価も行います。また肝炎や腎炎の診断、移植医療にも重要です。正確な診断のためには良好な病理組織標本の作製が不可欠であり、高度な技術を有する臨床検査技師が担当しています。

 2.手術検体の診断
 手術で摘出された臓器や組織は外科医の手を離れ、病理医が肉眼的に全体を観察して必要部位から標本を作製します。そして顕微鏡的に詳細に観察して、病変の診断、拡がり、細胞の特徴等を検討して外科医に報告します。術後の治療に重要ですし、外科医の治療の検証にもなり、医療の質を高めるためにも役立ちます。

 3.術中迅速診断
 手術の途中で組織の一部から大至急標本を作って病理診断し、外科医に報告して手術方針の決定に役立てるものです。肺や卵巣など生検が難しい病変の良悪性の診断のほか、癌の際には手術で摘出された組織の断端部の癌細胞の有無やリンパ節転移の有無などの判定も手術に影響する重要な仕事です。このように手術方針や手術範囲の決定に大変重要であり、特に最近の主流である縮小手術の実施に不可欠です。

 4.細胞診
 痰や尿中の細胞、そして綿棒や注射針等で採取した細胞を診断します。患者さんの苦痛が少ない採取方法です。癌の早期発見や様々な病変の診断に役立ちます。癌細胞があるかどうかのスクリーニングには細胞検査士が活躍しています。

 5.病理解剖
 ご家族のお許しを得て亡くなられた患者さんを解剖させて頂き、臨床医と病理医が一緒に全経過を検討し医療や医学の進展に役立てます。近年画像診断の進歩等により病理解剖数が減少していますが、病理解剖は医療の質の維持向上のために大変重要です。
 

 

         
 
1. 病理診断学講座が臨床講座として新設されて病理部の中心を担い、他の基礎病理学講座と協力して質の高い病理診断を目指しています。
2. 病理部は臨床医とともに病理組織を検討して、正しい診断や適切な治療を探求する場でもあります。このことは臨床医のトレーニングにも役立ちます。そのためのディスカッション顕微鏡や病理部専用のカンファレンスルームが設置されています。
3. 患者さんの治療に役立つ病理診断を常に目指して勉強会や臨床とのカンファレンスを積極的に行っています。
4. 全国に先駆けて液状化細胞診を導入しより精度の高い診断ができるようになりました。また患者さんの負担軽減のためベッドサイド細胞診も実施しています。
5. 手術室と病理部とを結び、顕微鏡画像を動画で手術室に映し出し、執刀医と会話しながら術中迅速診断を伝えられるシステムが導入されています。臨床医が適切な手術方針を決定することに役立っています。
6. 病理外来が設置しています。
ご希望の方には、病理医が直接、病変部の組織像を顕微鏡モニターを見ながらわかりやすくご説明します。
 


氏  名 職名等 専門分野
  黒瀬 顕 教授   一般病理、脳腫瘍病理、細胞診
  加藤 哲子 准教授   一般病理、婦人科病理、細胞診
  小川 薫 医員    

 

病理部 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/hospital/clindtl/c08byoribu.html
病理診断学講座 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~anatopathol/




 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.