HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    リハビリテーション部
  診療科等紹介TOPへ



津田 英一


  部長
  津田 英一
  副部長
  三浦 和知
  療法士長
  塚本 利昭
 


  受付窓口
   第二病棟1階

  入院病棟の案内図へ
  入院病棟のご案内に移動します。

        


 
         
 
 リハビリテーション部は、医師3名、理学療法士12名、作業療法士3名、言語聴覚士1名、看護師1名、事務職員2名の体制で診療を行っています。
 リハビリテーション施設基準として、運動器リハビリテーション、脳血管疾患等リハビリテーション、呼吸器リハビリテーション、がんリハビリテーションを有し、特定機能病院としてまた、県内の急性期リハビリテーションの中核としてリハビリテーション診療を行っています。各診療科からの処方依頼に対し、整形外科手術術後、脊髄損傷、脳血管疾患、神経筋疾患、膠原病、高次脳機能障害、パーキンソン病、摂食・嚥下機能障害、言語機能障害、四肢の切断再接着など、多岐にわたる疾患に対応しております。
 院内各診療科からの入院・外来患者さんのリハビリテーション依頼に対応し、長期フォローが必要な患者さんに対しては、入院中のみならず外来での定期的なリハビリテーションを継続しています。
 リハビリテーション関連設備としては、理学療法室、作業療法室、物理療法室、水治療法室、ADL室、工作室、義肢装具室、評価室および診察室を有しています。
 臨床・教育・研究のうち臨床はもちろんのこと、教育においては実習生の受入の他、セラピストの研修も状況に応じて受け入れ、調査・研究・発表も積極的に行っています。
 


 

         
 
・理学療法部門
 理学療法部門では、入院および外来患者さんのリハビリテーション医療を個別に担当し実施しております。対象疾患としては整形外科疾患、脳神経外科などの急性期の治療を中心に行っております。スポーツ障害・外傷に対しては、膝靱帯損傷術後の早期リハビリテーション、競技復帰に向けたアスレティックリハビリテーションや投球障害肩・野球肘に対する投球フォームチェック、フォーム指導を実施しております。
・作業療法部門
 作業療法部門では、整形外科疾患の中でも特に手外科疾患に対する術前術後のリハビリテーション(機能障害改善、スプリント療法、日常生活動作改善など)に力を入れています。
・言語聴覚療法・摂食機能療法
 主に脳神経疾患によって生じたコミュニケーション障害に対して、機能改善を目的としたリハビリテーションを行います。また中秋神経疾患や口腔疾患が原因で生じた「食べる」機能の障害に対して、食形態や食事方法の指導、嚥下機能訓練などを行います。
 






 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)

Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.