HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    強力化学療法室(ICTU)
  診療科等紹介TOPへ


伊藤 悦朗


  室長
  伊藤 悦朗
  副室長
  照井 君典
 


  受付窓口
   中央診療棟 4階

  中央診療施設の案内図へ
  入院病棟のご案内に移動します。

    


 
         
 
 強力化学療法室(intensive chemotherapy unit, ICTU)は、骨髄移植、臍帯血移植などの同種造血幹細胞移植や、自家末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法を行う部門です。それ以外の患者さんでも、強力な化学療法のために高度の好中球減少症が長期間持続し、重篤な感染症を合併するリスクが高いと判断される場合には、利用することができます。 
 


 

         
 
  病棟全体がクラス10,000の無菌度を保つ構造で、その中にクラス100の完全無菌室を4つ備えています。年間4〜14例の造血幹細胞移植が行われており、これまでに200回以上の造血幹細胞移植を施行してきました。以前は帽子、マスク、ガウンの着用やサンダルの履き替えなど、厳重な無菌管理を行っていましたが、現在は米国疾病管理予防センターと日本造血細胞移植学会のガイドラインに準じて無菌管理の簡素化を推進しています。このような簡素化を行っても感染症の増加はみられておらず、以前に比べて患者さんやご家族の負担も軽くなっています。 
 




 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.