HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    放射線治療科
  診療科等紹介TOPへ


 
青木 昌彦

  診療科長
  青木 昌彦
  総医長
  川口 英夫
  病棟医長
  川口 英夫
  外来医長
  佐藤 まり子

  外来
  外来棟地下1階
  0172−39ー5280
  入院病棟
  第一病棟2階
  RI病棟

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。

 
         
 
 放射線治療科では各種がんや良性疾患に対するリニアックによる外部照射を中心に、子宮がんに対するイリジウム遠隔操作式密封小線源治療(RALS)、前立腺がんに対するヨウ素125を用いた密封小線源治療、放射性ヨード内用療法などの核医学治療を行います。院内のみならず院外からも治療の依頼をお受けいたします。依頼される場合は事前に電話(放射線治療科外来受付)で予約を取得いただき、当日は診療情報提供書を持参くださいますようお願いします。多くの疾患で外来通院による治療が可能ですが、一般病床も有しておりますので入院での治療も可能です。
 

 

         
 
 放射線治療は脳腫瘍、頭頚部腫瘍、肺がん、食道がん、乳がん、前立腺がん、子宮がん、悪性リンパ腫、各種がんによる転移病巣などに対して、根治的治療から緩和治療(骨転移による癌性疼痛など)まで幅広く実施され、さらに甲状腺眼症やケロイドなどの良性疾患も治療対象としています。外部照射では、通常の放射線治療の他、早期肺がんに対する体幹部定位放射線治療や頭頚部腫瘍や前立腺がんに対する強度変調放射線治療などの高精度放射線治療も行っています。小線源治療は、子宮がんに対するイリジウム遠隔操作式密封小線源治療(RALS)、前立腺がんに対するヨウ素125線源を用いた永久刺入密封小線源治療を行っています。核医学治療では、青森県内で唯一のRI病棟を有する医療機関であり、甲状腺がんやバセドウ病に対する放射性ヨード内用療法の他、前立腺がんの骨転移に対するラジウム治療も行っています。
 


氏  名 職 名 専門分野
青木 昌彦 教 授   放射線治療
畑山 佳臣 講 師   放射線治療
川口 英夫 助 教   放射線治療
佐藤 まり子 助 教   放射線治療
藤岡 一太郎 助 手   放射線治療
田中 円葵 医 員   放射線治療
一瀬 浩司 医 員   放射線治療



専門再来 曜日 主な担当医師
     新患・再来外来   畑山佳臣、川口英夫、佐藤まり子
  青木昌彦、川口英夫、田中円葵
  青木昌彦、畑山佳臣、藤岡 一太郎




放射線腫瘍学講座(旧放射線科学講座)
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~radio/




 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.