HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    リハビリテーション科
  診療科等紹介TOPへ


 
津田 英一

  診療科長
  津田 英一
  総医長
  三浦 和知
  病棟医長
  三浦 和知
  外来医長
  三浦 和知

 

  外来
  第二病棟1階
0172-39-5318
 
  入院病棟
  第二病棟7階

  中央診療施設・入院病棟の案内図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。

 
         
 
 リハビリテーション部は、医師3名、理学療法士12名、作業療法士5名、言語聴覚士1名、看護師1名、事務職員2名の体制で診療を行っています。
 院内各診療科において入院治療が必要な患者さんを対象とした急性期リハビリテーションを中心に行っています。一方、長期にわたってリハビリテーションが必要な患者さんに対しては、リハビリテーション科入院あるいは外来通院という形で対応しています。
 特定機能病院としてより高度な医療へのニーズに対応できるよう、従来からの脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーションに加え、がん患者リハビリテーション、呼吸器リハビリテーション、言語・嚥下リハビリテーションでは、経験豊富な認定セラピストによるリハプログラムを提供しています。
 

 

         
 
脳血管疾患等リハビリテーション
 脳神経外科と共同で脳卒中ケアユニットを構成し、超早期から離床、機能回復に向けたリハビリテーションを行っています。

アスレティック・リハビリテーション
 整形外科で治療を受けたスポーツ選手に対しては、早期スポーツ復帰や再発予防を目指しスポーツ特異性を考慮したリハビリテーションを提供しています。

ハンドセラピー
 損傷・障害を受けた手に対して、日常生活での実用性獲得を目指し、機能回復のリハビリテーションや装具・自助具の作製を行います。

ロボットリハビリテーション
 主に難病に指定されている神経筋疾患に対して、最新のロボット工学技術を応用したニューロリハビリテーションを導入しています。

摂食・嚥下リハビリテーション
 中枢神経疾患によって生じた嚥下機能障害に対するリハビリテーションに加え、手術前後の高齢者に対しては誤嚥性肺炎予防のための嚥下機能の評価・訓練、摂食指導を行っています。
 


氏  名 職名等 専門分野
津田 英一 教 授   リハビリテーション全般
アスレティック・リハビリテーション
ロボットリハビリテーション
がん患者リハビリテーション
三浦 和知 講 師   リハビリテーション全般
アスレティック・リハビリテーション
ロボットリハビリテーション
がん患者リハビリテーション
佐々木 静 助 教   リハビリテーション全般
アスレティック・リハビリテーション



専門再来 曜 日 主な担当医師
  ロボットリハビリテーション 火(午後)
金(午後)
  津田 英一
三浦 和知
  義肢・装具 水(午後)   津田 英一





 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.