口腔外科専門医養成コース(研修期間:原則6年)

(1) コースの全体像

 日本口腔外科学会認定口腔外科専門医の研修期間は、1年間の初期研修を修了した歯科医師あるいは2年間の初期研修を修了した医師が対象となる。本コースは、日本口腔外科学会専門医制度規則・細則に定める申請資格要件を取得するため、口腔外科全般にわたる研修が出来るように設定されている。特に、当院は県内各地より口腔外科疾患症例が紹介されており、多岐にわたる口腔外科疾患症例を経験・担当することが可能である。また、先進医療として口腔インプラント治療も行っている。
 研修期間内に本院歯科口腔外科の外来・病棟診療グループをローテートし、あるいは関連医療機関における臨床研修を通して、専門医認定資格試験を受験するための研修項目の修得に努める。なお、2年間の研修後には、日本口腔外科学会認定専修医資格を申請出来るように配慮している。


 

弘前大学医学部附属病院 口腔外科専門医養成コース

専門医養成(受入)数3人
(日本口腔外科学会)

初期研修医

 
 
関連医療機関
北秋田市民病院
     
  大学病院
(6年以上)
 
・口腔外科疾患全般に
 わたる検査・診断・
 手術手技の修得を目
 指した臨床研修。
・本院麻酔科あるいは
 高度救命救急センタ
 ーにおける全身管理
 研修
・学会発表・学術論文
 発表
   
口腔外科専門医
 
コースの目標(受入から終了まで)
 
 日本口腔外科学会が定める要綱に沿って通算6年間以上の研修を行い、口腔外科専門医の取得を目指す。
研修方法 
 
 専門医制度規則・施行細則に記載されている口腔外科疾患を幅広く体験し、手術手技を修得するために歯科口腔外科外来と病棟をローテーションする。研修期間内に全身管理研修として、本院麻酔科等における院内研修も行う。
循環体制 
 
 口腔外科研修指導責任者と卒後臨床研修センターが連携し、関連医療機関の研修を支援する。



(2)コースの概要

 コース名:麻酔科専門医養成コース
大学病院・
医療機関名
診療科名 専門
分野名
指導
者数
目的 養成
(受入)
人数
期間
弘前大学医学部附属病院
歯科口腔外科 口腔外科全般 5
専門医資格取得のための将来・手技等の経験並びに学会発表
3 6年
以上
北秋田市民病院
歯科口腔外科 口腔外科全般 1
専門医資格取得のための症例・手技等の経験
1 3ヶ月
~1年



(3)コースの実績

 専門医資格取得のため、診療実績として必要な項目に関連する臨床症例は十分確保されている。特に、歯・歯槽外科手術、歯原性腫瘍、顎顔面外傷、顎矯正手術、口腔がん関連手術などの実績は十分である。


(4)コースの指導状況

 本コースでは初期研修修了後、研修期間内に口腔外科疾患全般における検査・診断と治療、周術期管理、手術手技等が修得・経験できるよう指導する。また、臨床研修以外の必修項目である学会参加・発表、全身管理研修などに関しても十分な指導体制が整えられている。


(5)専門医の取得等

学会名 日本口腔外科学会
資格名 口腔外科専門医
資格要件
日本口腔外科学会専門医制度規則・施行細則に記載されている申請資格要件が必須であり、その概要は以下の通りである。
・通算6年以上、指定研修施設において口腔外科全般の臨床研修
 を行うこと。
・研修実績:学会参加・発表、研修会参加等により75単位以上。
・診療実績:執刀手術100例以上、入院担当症例50例以上。
・論文業績:口腔外科学に関する学術論文3編以上。
・筆記試験・面接、手術実地審査に合格すること。
 学会の連携等の概要
 本院は、日本口腔外科学会の認定機関である。
   


(6)関連リンク

   歯科口腔外科学講座
   http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~dentist/index.html


ページトップへもどる