家庭医医療専門医養成コース(研修期間:3年)

(1) コースの全体像

 地域に立脚しながら家族も含めた患者中心の医療を、包括的、継続的、効率的に提供するのが家庭医療専門医の任務である。本コースは将来家庭医を志す医師向けのコースであるが、一方、たとえ特定臓器の専門医を志す者であっても、generalな診療能力を有することは日常診療上極めて有用である。本コースは初期臨床研修終了後も特定臓器の専門医になる前に、もうしばらくgeneralな深慮能力に磨きをかけたいと希望する医師にも適している。


弘前大学医学部附属病院 家庭医療専門医養成コース

専門医養成(受入)数2人
(日本プライマリ・ケア連合学会)

初期研修医

       
関連医療機関
  大学病院  
・家庭医療専門医受験
 資格の取得
・全診療科にわたる
 プライマリケア的
 内容の研修
   
家庭医療専門医
 
コースの目標(受入から終了まで)
 日本プライマリ・ケア連合学会が定める要綱に沿って計3年間の研修を行い、家庭医療専門医の取得を目指す。
研修方法 
 個々の研修医のスキルに合わせた研修内容を各診療チームに所属して実地研修をする。
循環体制 
 総合診療部研修指導責任者と卒後臨床研修センターが連携し、関連医療機関の研修を支援する。



(2)コースの概要

 コース名:家庭医療専門医養成コース
大学病院・
医療機関名
診療科名 専門
分野名
指導
者数
目的 養成
(受入)
人数
期間
弘前大学医学部附属病院
総合診療部 総合診療 2
Generalな診療能力
2 3年



(3)コースの実績

 新設のため、現在のところ本コースに該当する後期研修医の採用実績なし


(4)コースの指導状況

 上記理由のため該当なし


(5)専門医の取得等

学会名 日本プライマリ・ケア連合学会
資格名 日本プライマリ・ケア連合学会認定家庭医療専門医
資格要件
卒後臨床研修(2年間)修了後、学会の認定する後期研修プログラムで3年間のプライマリ・ケア研修を終えると専門医審査の受験資格が得られる。
試験(Clinical Skills Assessment)および論述試験(Modifed Essay Question)によって行われる。
 学会の連携等の概要
 本コースは、日本プライマリ・ケア連合会の認定プログラムである。
   



ページトップへもどる