ペインクリニック・緩和医療

ペインクリニック・緩和医療

Pain Clinic・Palliative Care

ペインクリニック部門では様々な疼痛疾患の診断・治療にあたっています。痛みは感覚であると同時に情動体験と定義されます。そしてペインクリニックに従事する医師も痛みを感覚であると同時に「疾患」として診療に臨んでいます。誰にとっても痛みは不快であるため、長年耐え難い痛みに悩まされている患者さまが様々な医療機関を辿り、最後の砦としてペインクリニックを訪れることも少なくありません。

「痛み」に対しては全疾患がペインクリニックの対象となります。良性疾患では、帯状疱疹・帯状疱疹後神経痛、変形性脊椎症による腰痛や四肢の疼痛、三叉神経痛、外傷や手術後の慢性疼痛など、多様な疼痛疾患がペインクリニックの対象となります。麻酔科は手術における鎮痛薬、神経ブロックのスペシャリストとしての立場から緩和医療においても重要な役割を担えると確信しております。現代は3人に1人が癌で亡くなる時代であり、がん性疼痛治療、緩和治療のニーズが高まっています。癌による激しい疼痛、呼吸苦、化学療法による副作用などの身体症状の緩和、そして日常の話し相手としての役割まで、各種身体症状の緩和や全人的な苦痛の緩和に全力で取り組み、社会のニーズに答えられるような体制を心がけております。

大多数の患者さまはかかりつけの病院、院内各診療科を受診したあとに当科を受診しますが、外来以外にも、入院患者さまの場合は、頻繁に病室に足を運んで身体的、精神的苦痛の除去に努め、退院後も通院による症状緩和を継続させて頂いております。薬物療法、神経ブロックなど、多角的アプローチにより身体的、精神的苦痛の除去に日々勤しんでおります。