プログラム

日程表

4月15日(金) 日 程 表
曙 第1会場 (2F)曙 第2会場 (2F)松 (3F)桜 (2F)麗 峰 (3F)
8:45開会式
9:00総 会共催ハンズオン
(シニア)
(シーメンス)
機械
展示
ポスター
張替え時間
9:15
9:30
9:45
10:00特別講演 1
Prof Ma
(がんと局所麻酔薬:基礎研究)
一般演題口演 1一般演題口演 2ポスター 1
ポスター 2
ポスター 3
10:15
10:30
10:45
11:00特別講演 2
Prof Buggy
(がんと区域麻酔:臨床研究)
一般演題口演 3一般演題口演 4ポスター 4
ポスター 5
ポスター 6
11:15
11:30
11:45
12:00
12:15共催ランチョン 1
(富士フィルム)
共催ランチョン 2
(テルモ)
共催ランチョン 3
(青函ペイン・エーザイ / ファイザー)
12:30
12:45
13:00
13:15
13:30共催特別講演 3
Prof Atchabahian
(区域麻酔と長期成績)
(コニカミノルタ)
教育講演 1
(医療倫理)
共催ハンズオン
(初級)
(メディカルネクスト)
一般演題口演 5ポスター
張替え時間
13:45
14:00
14:15
14:30共催シンポジウム 1
(正統派ブロック vs
新興派ブロック)
(コニカミノルタ)
一般演題口演 6ポスター 7
ポスター 8
ポスター 9
14:45教育講演 2
(医療安全)
15:00
15:15
15:30一般演題口演 7ポスター 10
ポスター 11
ポスター 12
15:45
16:00教育講演 3
(脊髄くも膜下麻酔 / 硬膜外麻酔)
16:15
16:30
16:45
17:00
17:15
17:30
17:45
18:00会員懇親会
19:00
20:00
4月16日(土) 日 程 表
曙 第1会場 (2F)曙 第2会場 (2F)松 (3F)桜 (2F)麗 峰 (3F)
8:15共催モーニング
(第一三共)
8:30
8:45
9:00教育講演 4
(産科麻酔)
共催ハンズオン
(上級 1)
(富士フイルム)
優秀演題口演
(基礎)
機械
展示
ポスター
張替え時間
9:15
9:30共催シンポジウム 2
(カテーテルオーバー
ザニードル)
(ビ—ブラウン)
9:45
10:00教育講演 5
(小児麻酔)
ポスター 13
ポスター 14
ポスター 15
10:15
10:30優秀演題口演
(臨床)
10:45
11:00教育講演 6
(局所麻酔薬)
ポスター 16
11:15
11:30
11:45
12:00
12:15共催ランチョン 4
(丸石)
共催ランチョン 5
(日本光電)
共催ランチョン 6
(八光)
12:30
12:45
13:00
13:15
13:30一般演題口演 8共催ハンズオン
(上級 2)
(GE)
一般演題口演 9
13:45
14:00
14:15
14:30
14:45閉会式・
最優秀演題表彰式
15:00
15:15
15:30
15:45
16:00
16:15

演題日程

特別講演

特別講演 14月15日(金)10:00〜11:00 2F曙 第1会場
座長:白神豪太郎(香川大学医学部麻酔学講座) 「Regional anaesthesia is better used for cancer patients' surgery: True or false? 」 演者:Daqing Ma, MD, PhD, FRCA
Anaesthetics, Pain Medicine and Intensive Care, Faculty of Medicine, Imperial College London, Chelsea and Westminster Hospital, London, UK
特別講演 24月15日(金)11:00〜12:00 2F曙 第1会場
座長:外 須美夫(九州大学大学院医学研究院麻酔・蘇生学講座) 「Can anaesthetic and analgesic technique during cancer surgery influence recurrence or metastasis?」 演者:Donal Buggy,
Mater Misericordiae University Hospital, University College Dublin, Ireland
特別講演 34月15日(金)13:30〜14:30 2F曙 第1会場
座長:中本達夫(関西医科大学麻酔科学講座) 「Continuous Epidural Analgesia versus Continuous Femoral Nerve Blockade
               Following Total Knee Arthroplasty - A Prospective Study」
演者:Arthur Atchabahian, M.D.
Professor of Anesthesiology
New York University School of Medicine
Department of Anesthesiology, Perioperative Care, and Pain Medicine
Division of Regional Anesthesiology, Hospital for Joint Diseases, New York, NY, USA
共催:コニカミノルタヘルスケア株式会社

シンポジウム(共催)

シンポジウム 14月15日(金)14:30〜17:00 2F曙 第1会場
共催:コニカミノルタヘルスケア株式会社 「簡易ブロック vs 新興派ブロック(TAP+RSB vs QL、傍脊椎 vs PECSI&II、腰神経叢ブロック(LPB)+仙骨神経叢ブロック vs 腸骨筋膜下ブロック+仙骨硬膜外ブロック)」 座長:佐藤裕(つがる西北五広域連合つがる総合病院麻酔科)
コメンテータ:柴田康之(名古屋大学大学院医学系研究科
医学部医学科生体管理医学麻酔・蘇生医学)
「乳腺手術における胸部傍脊椎ブロック」
演者:吉田敬之(関西医科大学麻酔科学講座)
「乳腺腫瘍手術の周術期疼痛管理法としての前胸壁ブロック(Pecs blockを中心に)」
演者:村田寛明(長崎大学医学部麻酔学教室)
「婦人科腹腔鏡手術、硬膜外鎮痛を止めてlateralTAP+RSBでOver Night Analgesiaを得る為の試行錯誤」
演者:渕辺 誠(沖縄赤十字病院麻酔科)
「正統派ブロック vs. 新興派ブロック 2:腹腔鏡下附属器摘出術 腰方形筋ブロック」
演者:室内健志(札幌医科大学麻酔科学講座)
「人工股関節置換術(THA) 正統派ブロック:腰神経叢ブロック(LPB)+仙骨神経叢ブロック(SPB)」
演者:佐倉伸一(島根大学医学部附属病院手術部)
「正統派ブロック vs 新興派ブロック 3: 人工股関節置換術(THA)
            腸骨筋膜下ブロック(FICB)+ 仙骨硬膜外ブロック」
演者:中本達夫(関西医科大学麻酔科学講座)
シンポジウム 24月16日(土)9:30〜12:00 2F曙 第1会場
共催:ビー・ブラウンエースクラップ株式会社 「カテーテルオーバーザニードル」 座長:中塚秀輝(川崎医科大学附属病院麻酔・集中治療科)
「末梢神経ブロックの光と影」
演者:佐倉伸一(島根大学医学部附属病院手術部)
「膝関節手術に対するPNB戦略」
演者:北山眞任1)、廣田和美2)
(弘前大学医学部附属病院手術部)1)
(弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座)2)
「腕神経叢ブロックにおけるOver The Needleタイプの有用性」
演者:松野賢一(函館五稜郭病院麻酔科)
「整形外科医の立場から求める末梢神経ブロックによる術後疼痛管理」
演者:津田英一1)、三浦和知1)
山本祐司2)、奈良岡琢哉2)、木村由佳2)、井上 亮2)、石橋恭之2)
中井希紫子3)、廣田和美3)
(弘前大学大学院医学研究科リハビリテーション医学講座)1)
(弘前大学大学院医学研究科整形外科学講座)2)
(弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座)3)
「Over the Needleタイプに寄せる期待と展望」
演者:山内正憲(東北大学医学部麻酔科学・周術期医学分野)

教育講演

教育講演 14月15日(金)13:30〜14:30 2F曙 第2会場
座長:内野博之(東京医科大学麻酔科学分野) 「臨床研究施行上の倫理とルール」 演者:浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
教育講演 24月15日(金)14:45〜15:45 2F曙 第2会場
座長:村川雅洋(福島県立医科大学麻酔科学講座) 「超音波ガイド下神経ブロック - その有用性に関する再評価 -」 演者:藤原祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
教育講演 34月15日(金)16:00〜17:00 2F曙 第2会場
座長:斎藤洋司(島根大学医学部麻酔科学講座) 「脊髄くも膜下腔に投与された麻薬の作用機序」 演者:角倉弘行(順天堂大学麻酔科学ペインクリニック講座)
教育講演 44月16日(土)9:00〜10:00 2F曙 第2会場
座長:照井克生(埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科) 「産科麻酔と区域麻酔 超音波ガイド、TAPそして超音波ガイドで防ぎうる合併症」 演者: 狩谷伸享1)、中本達夫2)
(兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座)1)
(関西医科大学麻酔科学講座)2)
教育講演 54月16日(土)10:00〜11:00 2F曙 第2会場
座長:竹内 護(自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座) 「小児の区域麻酔と術後鎮痛」 演者:蔵谷紀文(埼玉県立小児医療センター)
教育講演 64月16日(土)11:00〜12:00 2F曙 第2会場
座長:川真田樹人(信州大学医学部麻酔蘇生学教室) 「局所麻酔薬中毒の予防と治療:いざというとき慌てないために」 演者:西川精宣(大阪市立大学大学院医学研究科麻酔科学講座)

ランチョンセミナー(共催)

ランチョンセミナー 14月15日(金)12:15〜13:15 2F曙 第1会場
座長:横山正尚(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座) 「海外資格取得を視野に入れたチーム制度確立の道程と障害 −超音波診断装置を活用する領域を中心に−」 演者:国沢卓之(旭川医科大学 麻酔・蘇生学講座)
共催:株式会社富士フィルムソノサイト・ジャパン
ランチョンセミナー 24月15日(金)12:15〜13:15 2F曙 第2会場
座長:山蔭道明(札幌医科大学医学部麻酔科学講座) 「知って得するオピオイド製剤の医療経済性 〜病院経営と患者満足そして医療費削減に貢献する〜」 演者:児玉佳之(時計台記念病院 緩和ケアセンター センター長)
共催:テルモ株式会社
ランチョンセミナー 34月15日(金)12:15〜13:15 2F桜
座長:鈴木利保(東海大学医学部附属病院麻酔科) 「遷延性術後痛のtherapeutic windowを考える」 演者:飯田宏樹(岐阜大学大学院医学系研究科麻酔・疼痛制御学)
共催:ファイザー株式会社 / エーザイ株式会社/青函ペインクリニック研究会
ランチョンセミナー 44月16日(土)12:15〜13:15 2F曙 第1会場
座長:齋藤 繁(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学講座) 「求められる超音波ガイド下神経ブロックのリスクマネジメント
            −エビデンス・症例報告・ガイドライン・自験例の紹介−」
演者:加藤 実(日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野)
共催:丸石製薬株式会社
ランチョンセミナー 54月16日(土)12:15〜13:15 2F曙 第2会場
座長:森田 潔(国立大学法人岡山大学) 「区域麻酔とカプノメータ」 演者:宮坂勝之(聖路加国際大学大学院)
共催:日本光電東北株式会社
ランチョンセミナー 64月16日(土)12:15〜13:15 2F桜
座長:佐藤 裕(つがる西北五広域連合つがる総合病院麻酔科) 「胸部体幹神経ブロックの新たな知見」 演者:上嶋浩順(昭和大学麻酔科)
共催:株式会社八光

モーニングセミナー(共催)

モーニングセミナー4月16日(土)8:15〜9:30 2F曙 第1会場
座長:尾崎 眞(東京女子医科大学麻酔科) 「抗血栓療法と区域麻酔」 演者:藤原祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
共催:第一三共株式会社

一般演題 O1 口演研究演題(その他)

4月15日(金)10:00〜11:00 2F曙 第2会場
座長:中尾慎一(近畿大学医学部)
  1. 神経ブロックでのレボブピバカインとロピバカインの力価の比較 〇渡辺邦太郎、澤田龍治、森山久美、徳嶺譲芳、萬 知子
    杏林大学麻酔科学教室
    日野市立病院麻酔科
  2. 2015年4月に開設した大館市立総合病院呼吸器外科の手術の現状
    ‐特に麻酔科医が関与する周術期の管理について‐
    〇橋本 浩、高平陽子、村川徳昭、大石将文
    大館市立総合病院麻酔科
    弘前大学救急災害医学講座
  3. 脊髄くも膜下麻酔後の対麻痺発生の機序と予防法 〇赤石 敏、小圷知明
    東北大学病院 高度救命救急センター
  4. 硬膜外麻酔後の対麻痺発生の機序とその対策 〇赤石 敏、小圷知明、山内正憲
    東北大学病院 高度救命救急センター
    東北大学医学部 麻酔科学周術期医学講座

一般演題 O2 口演症例演題(四肢の神経ブロック)

4月15日(金)10:00〜11:00 2F桜
座長:森松博史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科)
  1. 重症患者の両側同時上肢手術に対して両側腕神経叢ブロックで管理した一例 〇末竹荘八郎、渡邊 至
    横浜南共済病院麻酔科
  2. 持続末梢神経ブロックが血流維持に有効であった、キーンベック病に対する血管柄付き骨移植術の1例 〇菊池 賢、野村岳志、後藤隆久
    横浜市立大学附属病院麻酔科
  3. Ultrasound-guided bilateral combined inguinal femoral and subgluteal sciatic nerve blocks for simultaneous bilateral below-knee amputations due to bilateral diabetic foot gangrene unresponsive to peripheral arterial angioplasty and bypass surgery in a coagulopathic patient on antiplatelet therapy with a history of percutaneous coronary intervention for ischemic heart disease - A case report - 〇Jong Hae Kim M.D., Sung Hye Byun M.D., Shin Yeong Sung M.D.
    Department of Anesthesiology and Pain Medicine, School of Medicine,
    Catholic University of Daegu, Daegu, Republic of Korea
  4. 持続末梢神経ブロック用セットContiplex® C(B BRAUN社)を用いた超音波ガイド下持続大腿神経ブロックの使用経験 ◯久保直子1)、西村大輔2)、大内貴志1)、小板橋俊哉3)
    東京歯科大学市川総合病院 麻酔科1)
    NTT東日本関東病院 ペインクリニック科2)
    東京歯科大学市川総合病院 緩和ケア科3)
  5. 斜角筋間腕神経叢ブロック併用全身麻酔下に施行した肩関節手術後に舌下神経麻痺が生じた1例 〇松本友梨、田口志麻、佐伯 昇、濱田 宏、河本昌志
    広島大学病院 麻酔科

一般演題 P1 ポスター症例演題(疼痛管理・ペインクリニック 1)

4月15日(金)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:西田 修(藤田保健衛生大学医学部)
  1. 神経ブロックにより良好な疼痛緩和を得られた1例 〇黒田美聡、早坂達哉、渡邉 翠、渡邊具史、秋元 亮、岡田真行、川前金幸
    山形大学医学部麻酔科学講座
  2. 硬膜外ポートを用いて疼痛管理を行った癌性疼痛の3症例 〇窪田 武、石川有平、石川理恵
    八戸平和病院麻酔科
  3. 坐骨神経腫瘍合併下腿難治性皮膚潰瘍に対して持続末梢神経ブロックとプレガバリン内服の併用が有効であった一症例 〇吉松貴史、田嶋佳代子、石橋恵理子、窪田敬子、渡邊 巌
    荻窪病院麻酔科
  4. 癌性疼痛に対し肋間神経ブロックを実施した3症例 〇村上 剛
    京丹後市立久美浜病院麻酔科
  5. 高濃度テトラカインを用いた眼窩上神経ブロックが有効であった三叉神経第一枝帯状疱疹後掻痒症の1症例 〇山中大樹、河野 崇、山崎史幹、北岡智子、横山正尚
    高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座
    土佐市民病院 麻酔科
  6. 難治性の慢性腹痛症候群に対して持続腹横筋ブロックを施行して疼痛管理を行った1症例 〇妹尾悠祐、松崎 孝、谷口 新、賀来隆治、佐藤健治、森松博史
    岡山大学病院 麻酔科蘇生科

一般演題 P2 ポスター症例演題(腕神経叢ブロック 2)

4月15日(金)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:森﨑浩(慶應義塾大学医学部)
  1. 頸髄損傷患者の肩関節拘縮に対する斜角筋間腕神経叢ブロック併用受動的関節可動域訓練が有用であった2症例 〇旭爪章統、堀江里奈、中本達夫、寺井岳三
    大阪労災病院 麻酔科
    関西医科大学 麻酔科学講座
  2. 混合性結合組織病の手指症状に対して両側持続腕神経叢ブロックが奏功した一例 〇齋藤秀悠1)、武井祐介1)、田島つかさ1),2)、村上 徹1)、大西詠子1)
    志賀卓弥1)、亀山良亘1)、城田祐子3)、山内正憲1)
    東北大学病院麻酔科1)
    塩竃市立病院緩和医療内科・ペインクリニック科2)
    東北大学病院血液免疫科3)
  3. 鎖骨骨折に対する腕神経叢ブロックの効果 〇河嶋 朗、棚田和子、田中素成、呉本善聡
    石切生喜病院麻酔科
  4. 超高齢者に対し末梢神経ブロックを施行し良好に管理しえた1例 〇金城永明、渡海裕文
    兵庫県立淡路医療センター麻酔科
  5. 交差法エコー下斜角筋間法腕神経叢ブロックに浅頚神経叢ブロックが遅発した症例 〇榎原 純、富田信行
    溝口外科整形外科病院 如水会 今村病院
  6. 関節鏡下肩腱板修復術に対する持続腕神経叢ブロック中に一過性の反回神経麻痺をきたした2症例 〇吉山勇樹1),2)、安藤尚美1)、藏當辰彦1)
    丸の内病院1)
    信州大学医学部麻酔蘇生学教室2)

一般演題 P3 ポスター研究演題(疼痛管理・ペインクリニック)

4月15日(金)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:平川奈緒美(佐賀大学医学部)
  1. 腹腔鏡下胆嚢摘出術における腹壁ブロックの有用性に関する検討 〇横山暢幸、住友正和
    横須賀共済病院 麻酔科
  2. 腰椎固定術における塩酸モルヒネ・レボブピバカイン仙骨硬膜外投与の術後鎮痛効果 〇齊藤和裕、新山和寿、草谷洋光、田中行夫、池上仁志
    貢川整形外科病院麻酔科
    貢川整形外科病院整形外科
  3. TKA術後の膝窩部痛と膝関節機能回復に対する選択的脛骨神経ブロックと坐骨神経ブロック(SNB)の比較検討(2016年区域麻酔) 〇吉沼裕美、小林 収
    亀田総合病院 麻酔科
  4. 乳房再建術の当院における周術期疼痛管理 〇吉本嘉世、赤塚正文
    市立ひらかた病院
  5. 癌性疼痛に対する内臓神経ブロックの効果〜37症例の後方視的調査 〇岩木俊男1)、清水一好2)、藤井洋泉3)
    天和会松田病院 麻酔科1)
    岡山大学病院手術部2)
    梶木病院麻酔科3)

一般演題 O3 口演研究演題(超音波ガイド下神経ブロック)

4月15日(金)11:00〜12:00 2F曙 第2会場
座長:上村裕一(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科先進治療科学専攻)
  1. 超音波ガイド下神経ブロックにおける装着型ディスプレイの有用性 〇森脇翔太、糟谷祐輔、稲野千明、深田智子、尾崎 眞
    東京女子医大学 麻酔科学教室
  2. 超音波ガイド下腹直筋鞘ブロックを併用した小児腹腔鏡下虫垂切除術後のacetaminophen使用量の推移について 〇天日 聖
    小松市民病院 麻酔科
  3. 肛門部手術に対する超音波ガイド下仙骨硬膜外ブロックの効果の検討 〇仲野耕平1)、岡部格2)、田中俊輔2)、鎌形千尋3)、坂本篤裕1)
    日本医科大学麻酔科学教室1)
    株式会社日立製作所 ひたちなか総合病院2)
    公益財団法人結核予防会 複十字病院3)
  4. 当院における超音波ガイド下神経ブロック導入の経緯と展望 〇升森泰、宮川秀俊、西木戸修、井上荘一郎
    聖マリアンナ医科大学 麻酔学教室
  5. 乳腺腫瘍手術の麻酔管理に胸横筋膜面ブロックを併用した5症例:手技のポイント 〇樋田久美子、村田寛明、酒井亜輝子、前川拓治、原 哲也
    長崎大学医学部麻酔学教室

一般演題 O4 口演研究演題(体幹の神経ブロック)

4月15日(金)11:00〜12:00 2F桜
座長:河本昌志(広島大学大学院医歯薬保健学研究科)
  1. 開心術における傍胸骨部肋間神経ブロック併用麻酔の試み 〇野々垣幹雄
    市立四日市病院 麻酔科
  2. 当院の体幹ブロックでは安全な局所麻酔投与量が守られているか?〜過去1年間の振り返り〜 熊野穂高、森下 淳
    東大阪市立総合病院 麻酔科
  3. TAPブロックは腹膜透析手術における術中鎮痛に有効なのか? 〇釋尾知春、藤井智子、髙橋健一、道姓拓也、寺山祥子、大江克憲
    昭和大学横浜市北部病院
  4. 単孔式腹腔鏡下手術における腹壁末梢神経ブロックの効果 〇妙中浩紀、柴田晶カール、植田一吉、竹政伊知朗、藤野裕士
    大阪大学大学院医学系研究科 麻酔集中治療医学教室
    札幌医科大学医学部消化器・総合内分泌外科講座

一般演題 P4 ポスター症例演題(疼痛管理・ペインクリニック 2)

4月15日(金)11:00〜12:00 3F麗峰
座長:山崎光章(富山大学医学部)
  1. 前足部形成術においてデキサメサゾン添加の単回坐骨神経ブロックにより長時間の術後鎮痛が得られ、リハビリにも有用であった1症例 〇杉村 翔、木村哲朗、鈴木興太、御室総一朗、中島芳樹
    浜松医科大学附属病院 麻酔蘇生科
  2. 開胸術後疼痛症候群に対し肋間神経ブロックで対処した後に肺癌骨転移が明らかとなった一例 〇滝本佳予
    市立池田病院 麻酔科ペインクリニック
  3. 食道癌術後に集中治療管理目的で体幹ブロックを施行した1例 〇秋元 亮、渡邊具史、黒田美聡、鈴木博人、岡田真行、川前金幸
    山形大学医学部麻酔科学講座
    山形大学医学部附属病院高度集中治療センター
  4. 腹横筋膜面ブロック後方アプローチをテストブロックとして行ったことにより、内臓痛の関与を否定でき、必要最小限の神経ブロックで疼痛緩和を得られた1症例 〇三村真一郎、高田知季
    聖隷三方原病院 麻酔科・ペインクリニック
  5. 生理食塩水による包交処置で硬膜外カテーテルを長期留置できた1例 〇竹村佳記、山崎光章
    富山大学大学院医学薬学研究部 麻酔科学講座
  6. 腹部の帯状疱疹後神経痛に腹横筋膜面ブロックが有効であった一症例 〇越川 桂、金 優、山田宏和
    木沢記念病院麻酔科

一般演題 P5 ポスター症例演題(腕神経叢ブロック 1)

4月15日(金)11:00〜12:00 3F麗峰
座長:後藤隆久(横浜市立大学大学院医学研究科)
  1. 気胸再発を繰り返す患者で腕神経叢ブロックと吸入麻酔の併用により自発呼吸下で肩甲離断術を施行した1例 〇野口智子、北山眞任、西村雅之、太田大地、廣田和美
    弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座
    弘前大学医学部附属病院手術部
  2. 切断指の再接合術:腕神経叢ブロックで何時間麻酔可能か? 〇三浦亜紀子、新井千晶、藤本侑里、吉野 淳、藤村直幸
    雪の聖母会 聖マリア病院 麻酔科
  3. 腕神経叢の破格に対し超音波装置を用いて安全に末梢神経ブロックを施行できた症例の経験 〇関周太郎、安楽和樹、關山裕詩、澤村成史
    帝京大学医学部附属病院麻酔・集中治療科
  4. Ultrasound-guided supraclavicular brachial plexus block for patients with pulmonary thromboembolism undergoing upper extremity surgery 〇Yang Hoon Chung, Justin Sangwook Ko, Duck Hwan Choi
    Department of Anesthesiology & Pain Medicine, Samsung Medical Center, Seoul, Korea
    Sungkyunkwan University, College of Medicine.
  5. 持続斜角筋間ブロックで管理した、病的肥満患者に対する人工肩関節置換術の1症例 〇武智健一1)、萬家俊博2)、長櫓 巧3)
    愛媛県立今治病院 麻酔科1)
    愛媛大学大学院医学系研究科 麻酔・周術期学2)
    済生会西条医療福祉センター3)
  6. 頸椎障害患者の上腕骨近位端骨折の麻酔経験 〇宮崎絵里佳、阿部まり子、亀田慎也、布間寛章、大枝萌子、湯本正寿
    東京慈恵会医科大学附属病院 麻酔科
    東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 麻酔部

一般演題 P6 ポスター研究演題(小児・高齢者管理)

4月15日(金)11:00〜12:00 3F麗峰
座長:重見研司(福井大学医学部)
  1. 小児腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術における、硬膜外麻酔、末梢神経ブロックの比較検討 〇西藤智照、下之薗莉瑛子、山田知嗣、上村裕一
    鹿児島大学医学部附属病院麻酔蘇生学教室
    鹿児島大学医歯学総合研究科侵襲制御学講座
  2. 小児おける硬膜外穿刺時の超音波装置による皮膚ー硬膜距離の検討 〇諸石耕介、一柳彰吾、小幡向平、近藤大資、波多野俊之、
    石田千鶴、渡邊朝香、梶田博史、諏訪まゆみ、奥山克巳
    静岡県立こども病院 麻酔科
  3. 超高齢乳癌手術患者の術後経過からみた麻酔法としてのPECSブロックの有用性‐preliminary report‐ 〇平 幸輝、堀田訓久、竹内 護
    自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座
  4. 超音波ガイド下末梢神経ブロック導入前後での小児鼠径ヘルニア日帰り手術術後経過の比較 〇松田光正、高橋マキ、山崎花衣、坂本麗仁、澤田真如、伊藤美保、鈴木利保
    東海大学医学部外科学系麻酔科
  5. 高齢大腿骨骨折患者の術後せん妄発症率に関わる因子の検討
    Study of factors involved in postoperative delirium incidence of elderly femur fracture patients
    〇西村雅之、高田典和、北山眞任、廣田和美
    青森市民病院麻酔科
    弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座

一般演題 O5 口演症例演題(疼痛管理・ペインクリニック 1)

4月15日(金)13:30〜14:30 2F桜
座長:小板橋俊哉(東京歯科大学市川総合病院)
  1. 超音波ガイド下末梢神経ブロック・硬膜外麻酔・脊椎麻酔の3区域麻酔を併用したスポーツ整形外科・膝関節可動訓練への取り組み 〇石村博史
    (医)堺整形外科医院・福岡スポーツクリニック
  2. 脊髄電気刺激装置植え込み術に対する低濃度大量浸潤麻酔法(TLA法):症例報告 〇澤田龍治、渡辺邦太郎、森山久美、萬 知子
    日野市立病院麻酔科
    杏林大学医学部麻酔科学教室
  3. 当院で初めて行ったくも膜下ポート造設による脊髄鎮痛法の経験 〇深澤正之、三島 済、服部政治
    JA長野厚生連 佐久総合病院ペインクリニック科
    がん研有明病院 がん疼痛治療科
  4. 星状神経節ブロックを目的とした超音波ガイド下高位胸部傍脊椎神経ブロックにより頸部関連痛が軽減した2症例 新たな星状神経節ブロック法としての可能性についての考察 〇武田泰子、入澤友美、藤谷太郎
    愛媛県立中央病院 麻酔科・集中治療科
  5. 肛門の癌性疼痛に対して超音波と透視を使用し不対神経節ブロックを行った症例 〇八反丸善康、内海 功、近江禎子
    東京慈恵会医科大学附属第三病院 麻酔科

一般演題 O6 口演研究演題(四肢の神経ブロック、他)

4月15日(金)14:30〜15:30 2F桜
座長:溝渕知司(神戸大学大学院医学研究科)
  1. コンティプレックスCを用いた超音波ガイド下持続末梢神経ブロック:当院109例の使用経験 〇木田健太郎、濵田高太郎、松尾 顯、寺田忠徳
    産業医科大学若松病院 麻酔科
    産業医科大学病院 緩和ケア科
  2. 超音波ガイド下閉鎖管注入法は古典法を越えるか?−両アプローチ法における閉鎖管到達度の比較検討− 〇内野哲哉、三浦真弘、椎原啓輔、松本重清、北野敬明
    大分大学医学部麻酔科学講座
    大分大学医学部生体構造医学講座
  3. 超音波ガイド下末梢神経ブロックによる閉塞性動脈硬化症患者の麻酔管理:当院での検討 〇栗原郁実、鈴木俊成、又吉重彰、小山 薫
    埼玉医科大学総合医療センター麻酔科
  4. 肥満患者の超音波ガイド下大腿神経ブロックにおけるテープ引っ張り法 〇浅井明倫、杉浦健之、冨田麻衣子、仙頭佳起、吉澤佐也、
    太田晴子、徐 民恵、草間宣好、祖父江和哉
    名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野
  5. 腕神経叢ブロック腋窩アプローチで広背筋の表面に薬液を注入すると橈骨神経は確実にブロックされるか 〇山口卓哉
    長崎県対馬病院 麻酔科
  6. 若年者の胸腔鏡下気胸手術に対する区域麻酔が術後回復に与える影響の後方視的検討 〇酒井規広、髙内裕司
    大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター 麻酔科

一般演題 P7 ポスター症例演題(下肢の神経ブロック 1)

4月15日(金)14:30〜15:30 3F麗峰
座長:澤村成史(帝京大学医学部)
  1. 大腿骨頸部骨折手術において超音波ガイド末梢神経ブロック(大腿神経・外側大腿皮神経・坐骨神経)で麻酔管理を行なった2症例 〇茂山泰樹、大塚みき子、松田昌子
    医道会 十条武田リハビリテーション病院麻酔科
    一般財団法人 甲南会 甲南病院麻酔科
  2. 超音波ガイド下末梢神経ブロックで管理したハイリスク患者における大腿部切断術の1例 〇鈴木興太、木村哲朗、川島信吾、成瀬 智、中島芳樹
    浜松医科大学医学部附属病院 麻酔科蘇生科
  3. 困難気道が予想される高度凝固機能異常・肥満患者の緊急下腿止血術に対して、末梢神経ブロックで管理した1症例 〇木村哲朗、御室総一郎、鈴木興太、中島芳樹
    浜松医科大学医学部 麻酔・蘇生学講座
  4. 持続腰方形筋ブロックを施行した人工股関節再置換術の一症例 〇中川元文、上嶋浩順、原 詠子、大嶽浩司
    昭和大学医学部麻酔科学講座
  5. アルコール性肝硬変による肝不全患者の大腿骨頸部骨折手術に腸骨筋膜下ブロックとデクスメデトミジンで麻酔管理を行った一例 〇植田紗代、上嶋浩順、盛 直博、大嶽浩司
    昭和大学医学部麻酔科学講座
  6. 上前腸骨棘内側からの腸骨筋膜下ブロックは人工股関節全置換術の術後鎮痛に有効である 〇田島啓一、富田絵美、猪股伸一
    筑波記念病院麻酔科
    筑波大学医学医療系麻酔蘇生学

一般演題 P8 ポスター症例演題(下肢の神経ブロック 2)

4月15日(金)14:30〜15:30 3F麗峰
座長:川口昌彦(奈良県立医科大学)
  1. 重症下肢閉塞性動脈硬化症に対する長時間の血管内治療において、比較的低濃度のロピバカインによる超音波ガイド下末梢神経ブロックで管理しえた1例 〇長尾 瞳、肥田野求実、高木俊成、宮山直樹、大橋祐介
    東京慈恵会医科大学 麻酔科学講座
  2. 腰神経叢ブロックと仙骨神経叢ブロック併用後に一過性の両下肢運動知覚神経遮断を来した2症例 〇柏木政憲、吉村薫子1)、岡田美砂1)、西脇千恵美2)
    増田清夏3)、増田祐也2)、平畑枝里子4)、伊藤諭子5)
    東京都済生会中央病院麻酔科、北里大学北里研究所病院麻酔科1)
    慶應義塾大学医学部麻酔学教室2)、東京都立大塚病院麻酔科3)
    東京都立小児総合医療センター麻酔科4)、北里大学医学部麻酔科学教室5)
  3. 0.2%ロピバカインを用いた大腿神経ブロックの効果が遷延した1症例 〇古内宏和、鈴木興太、木村哲朗、御室総一郎、五十嵐寛、中島芳樹
    浜松医科大学医学部 麻酔・蘇生学講座
  4. 腰神経叢ブロック施行後に後腹膜血腫を生じた本態性血小板血症合併例 〇杉本健輔、三枝里枝、山田真紀子、齋藤 繁
    群馬大学医学部附属病院麻酔科蘇生科
  5. 末梢神経ブロック下に行った大腿切断術において、神経のバリエーションでは説明のつきがたい痛覚残存を認めた1例 〇臼井智紀、禰宜田武士、杉浦真沙代
    半田市立半田病院麻酔科
  6. 腰神経叢ブロック後に発症した局所麻酔薬中毒の1症例 〇和泉裕己、井尻えり子、佐藤 慎、佐古澄子、
    小野寺美子、飯田高史、笹川智貴、国沢卓之
    旭川医科大学麻酔蘇生学講座

一般演題 P9 ポスター研究演題(体幹の神経ブロック)

4月15日(金)14:30〜15:30 3F麗峰
座長:天谷文昌(京都府立医科大学)
  1. Analgesic Effects of a Combined Ultrasound-Guided Serratus-Intercostal Plane Block and Ultrasound-Guided Intermediate Cervical Plexus Block after Single-Incision Transaxillary Robotic Thyroidectomy 〇Jin-Soo Kim, Ki Young Lee†, and Han Bum Joe
    Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Ajou University School of Medicine,
    Suwon, Republic of Korea, †Department of Anesthesiology and Pain Medicine,
    Yonsei University College of Medicine, Seoul, Republic of Korea
  2. 従来の胸部傍脊椎ブロックと椎弓アプローチの胸部傍脊椎ブロックとの有効性に関する比較研究 〇安藤一雄、橋本篤、佐藤祐子、藤原祥裕
    愛知医科大学麻酔科学講座
  3. 超音波ガイド下傍脊椎ブロック時のレボブピバカインの血中濃度に対するエピネフリン添加の影響 〇山崎亮典、川股知之
    和歌山県立医科大学 麻酔科学教室
  4. エコーガイド下腰方形筋ブロック(QLB)における至適描出角度の検証 〇仲村清貴、渡邊 至
    横浜南共済病院
  5. Postoperative Analgesic Effects of Ultrasound-guided Bilateral Rectus Sheath Block for Robotic Single-site Gynecologic Surgery 〇Sooyoung Cho, MD, Youn Jin Kim, MD, PhD,
    Jae Hee Woo, MD, PhD, Hee Jung Baik, MD, PhD,
    Jong Hak Kim, MD, PhD
    Department of Anesthesiology and Pain Medicine,
    School of Medicine, Ewha Womans University, 1071
    Anyangcheon-ro, Yangcheon-gu, Seoul, Korea
  6. The effectiveness of ultrasound-guided thoracic paravertebral block for percutaneous radiofrequency ablation of hepatic tumor: A pilot study 〇Hyungtae Kim, Boohwi Hong2
    Department of Anesthesiology and Pain Medicine, Presbyterian Medical
    Center, University of Seonam College of Medicine, Jeonju, Korea
    Department of Anesthesiology, Chungnam national university hospital, Daejeon, Korea2

一般演題 O7 口演症例演題(問題症例の管理)

4月15日(金)15:30〜16:30 2F桜
座長:奥富俊之(北里大学病院)
  1. Modified pectoral nerves blockと超音波ガイド下局所浸潤麻酔による鎮痛で管理し全身麻酔を回避できた腋窩リンパ節生検術の1症例 〇春岡辰典、竹永真由、國徳裕二、原武義和
    社会福祉法人恩賜財団済生会熊本病院麻酔科
  2. 偶発的硬膜下腔カテーテル迷入を来した一症例 〇服部美咲、原田秀樹、平木照之、高瀬谷ひかり、牛島一男
    久留米大学医学部麻酔学講座
  3. 肺高血圧による心不全を繰り返す患者の鼡径ヘルニア根治術−デクスメデトミジンによる鎮静と腰方形筋ブロックを中心とした麻酔管理− 〇吉田光剛、大城研司、森 侑治、河田竜一、平山かおり、鴛渕孝雄
    山口県済生会下関総合病院 麻酔科
  4. 腹横筋膜面ブロック併用による腹膜透析カテーテル挿入術の麻酔経験 〇太田 聡、佐藤輝幸、服部美咲、牛島一男
    久留米大学病院麻酔科
  5. Von Willebrand病の開胸食道癌手術の麻酔疼痛管理 〇竹山和秀、鈴木利保
    東海大学外科学系麻酔科
  6. 39℃の発熱妊婦における帝王切開術の区域麻酔 〇金子友美、吉岡宏恵、田村和美、照井克生
    埼玉医科大学総合医療センター麻酔科
    埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科

一般演題 P10 ポスター症例演題(硬膜外ブロック 1)

4月15日(金)15:30〜16:30 3F麗峰
座長:垣花 学(琉球大学大学院医学研究科)
  1. 慢性炎症性脱髄性多発神経炎(CIDP)合併患者の帝王切開術を区域麻酔で管理した一症例 〇安西晃子、渡邊 至
    横浜南共済病院
  2. 気管無形成患児に対する膀胱直腸瘻離断・人工肛門再造設術において硬膜外麻酔が有用であった一例 〇田中一生、山本信一
    東京都立小児総合医療センター
  3. 腰椎椎弓切除術にて硬膜外麻酔を用いることで良好な鎮痛が得られ、挿管せずに手術を行った一例 〇五十嵐 達、増田裕也、森﨑 浩
    慶応義塾大学医学部 麻酔学教室
  4. 経皮的内視鏡腰椎椎間板ヘルニア摘出術に対する麻酔方法の検討 〇斎藤重行、木村麻衣子、山田久美子、藤倉あい
    筑波学園病院 麻酔科
  5. 成人心房中隔欠損症に伴う肺高血圧症患者の両側鼠径ヘルニア根治術に対して区域麻酔を中心とした多角的鎮痛により良好に管理できた1例 〇太田晴子、徐民恵、浅井明倫、冨田麻衣子、仙頭佳起、
    吉澤佐也、草間宣好、杉浦健之、祖父江和哉
    名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野
  6. 神経筋疾患患者の開腹手術を硬膜外麻酔主体の筋弛緩薬を使用しない全身麻酔で管理した2症例 〇西村和浩
    小松市民病院麻酔科

一般演題 P11 ポスター症例演題(硬膜外ブロック 2)

4月15日(金)15:30〜16:30 3F麗峰
座長:坂口嘉郎(佐賀大学医学部)
  1. 長年の喫煙歴がある患者の多発肋骨骨折に対して呼吸器合併症予防として持続硬膜外麻酔を使用した一例 〇榎原 純、富田信行
    溝口外科整形外科病院
    如水会 今村病院
  2. 術後2日目に硬膜外カテーテルが硬膜下に移動したと考えられる1例 〇樋口 慧、小幡輝之、奥 和典、篠田威人、桑迫勇登、大嶽浩司
    昭和大学藤が丘病院 麻酔科
    昭和大学 麻酔科学講座
  3. 硬膜外麻酔施行後に低髄圧症候群に伴う頭蓋内硬膜下血腫を認めた1例 〇渡邊具史、黒田美聡、秋元亮、岡田真行、川前金幸
    山形大学医学部附属病院麻酔科
  4. 硬膜誤穿刺後頭痛に髄膜炎様症状を呈した症例 〇高橋枝み、高木俊一、西本雅、丸山恵梨香、樋口秀行、尾崎 眞
    東京女子医大病院麻酔科学教室
  5. 痔核術後患者の腰部硬膜外カテーテル抜去時に、先端が結節形成していた症例 〇増田祐也1)、木村 友2)、上田恵理子2)、日山敦子2)、増田純一3)、森崎 浩1)
    慶應義塾大学麻酔学教室1)
    松島病院大腸肛門病センター麻酔科2)
    川崎市立川崎病院麻酔科3)
  6. 硬膜外併用全身麻酔下の腹腔鏡下胃切除後に脊髄梗塞による対麻痺を来した一症例 〇法里 慧、打田智久、南 奈穂子、岩元辰篤、白井 達、中尾慎一
    近畿大学医学部麻酔科学講座

一般演題 P12 ポスター研究演題(下肢の神経ブロック)

4月15日(金)15:30〜16:30 3F麗峰
座長:山口重樹(獨協医科大学)
  1. 維持透析患者の下肢切断術における麻酔管理—末梢神経ブロック併用例と非併用例の比較 〇竹村 瞳、松田 愛、阪口雅洋、天谷文昌
    京都第一赤十字病院 麻酔科
    京都府立医科大学 麻酔科学教室
  2. 異なるガイドデバイスを用いた持続坐骨神経ブロックの鎮痛効果の比較検討 〇寺田尚弘、春山 直子、嵐 朝子、尾崎 眞
    東京女子医大病院 麻酔科学講座
    東京警察病院 麻酔科
  3. 人工膝関節置換術(TKA)における持続腰神経叢ブロックの方法と合併症について 〇村上隆文、竹田智美、只野 亮、足立 智、伊東 尚
    独立行政法人 国立病院機構 災害医療センター
  4. 持続硬膜外ブロックで疼痛管理中の人工股関節置換術における創部浸潤麻酔の効果 〇大澤眞理子
    湘南鎌倉人工関節センター 麻酔科
  5. 平行法用ニードルガイドによる、膝窩部坐骨神経ブロック時間の短縮効果 〇小林俊司、井戸和己
    りんくう総合医療センター 麻酔科
  6. Contiplex Cを用いた持続大腿神経ブロックを施行した人工膝関節置換術と持続硬膜外麻酔を施行した症例での比較検討 〇成島光洋、松本克平,筒井健次,乾 龍男,久津間史和
    朝霞台中央総合病院麻酔科

一般演題 A1 口演優秀演題(基礎)

4月16日(土)9:00〜10:15 2F桜
座長:櫛方哲也(弘前大学大学院医学研究科)
小幡英章(群馬大学大学院医学系研究科)
審査員:川真田樹人(信州大学医学部)
  1. 神経ブロックカテーテルより注入した超音波診断用造影剤の検討とカテーテル先端の検出 〇安藤貴宏、藤井 祐、新屋苑恵、森 厚詞、西脇公俊
    名古屋大学医学部付属病院 麻酔科
  2. 薬液温度が脊髄くも膜下腔に投与された薬液の拡がりに及ぼす効果:脊柱管モデルを用いた検討 〇石﨑 剛、林 英明、松本知之、浅井真理子
    独立行政法人国立病院機構 大阪南医療センター 麻酔科
  3. ラット後根神経節における足底由来の神経分布 〇松田 愛、天谷 文昌
    京都府立医科大学 麻酔科学教室
  4. TRPV1拮抗薬の脊髄くも膜下投与はモルヒネによる痒みを抑制する 〇榊原賢司、今町憲貴、榊原学、齊藤洋司
    島根大学医学部麻酔科学教室
  5. 傍椎体領域および脊髄神経根を走行する動静脈系の解剖 〇安心院純子
    東海大学八王子病院麻酔科
  6. リドカイン歯周投与はリポポリサッカライド惹起反復性歯周炎症による血管内皮機能障害を改善する 〇木下浩之、安田吉孝、赤堀貴彦、中村絵美、藤原祥裕
    愛知医科大学医学部 麻酔科学講座

一般演題 P13 ポスター症例演題(体幹の神経ブロック)

4月16日(土)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:祖父江和哉(名古屋市立大学大学院医学研究科)
  1. 進行性乳癌に対する手術をデクスメデトミジン併用PECSⅡブロックで管理した一例 〇井尻えり子、佐藤 慎、笹川智貴、和泉裕己、佐古澄子、国沢卓之
    旭川医科大学麻酔・蘇生学講座
  2. 持続傍脊椎ブロックカテーテルが硬膜外迷入となったが、早期の診断と適切な対応により術後有効に使用された低侵襲心臓手術の一症例 〇興津賢太、藤野裕士
    大阪大学医学部附属病院 麻酔科・集中治療部
  3. 持続傍脊椎ブロックカテーテルの感染範囲の診断に造影CTが有用であった1症例 〇新屋苑恵、柴田康之2、西脇公俊3
    名古屋大学医学部附属病院 麻酔科
    名古屋大学医学部附属病院 手術部2
    名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻 臨床医学領域麻酔・蘇生医学分野3
  4. 腹横筋膜面ブロックを中心に麻酔管理した大腿動脈-大腿動脈バイパス術 〇谷口明子、堀尾裕子、鈴木藍子、久保谷靖子、山本里恵、森田正人
    安城更生病院 麻酔科
  5. 多孔式カテーテルによる持続創部浸潤麻酔法で管理した外科開腹術の3症例 〇大岩彩乃、結束さやか、寺田享志、落合亮一
    東邦大学医療センター大森病院麻酔科
  6. 生体部分肝移植術後にTAPブロックを施行し、手術室抜管を施行した1例
    Transversus Abdominis Plane Block Facilitated Extubation in the Operating Room after Living donor Liver Transplantation
    〇吉田 翼、松崎 孝、廣井一正、鈴木 聡、谷口 新、賀来隆治、森松博史
    岡山大学病院医歯薬総合研究科麻酔・蘇生学講座

一般演題 P14 ポスター症例演題(問題症例の管理)

4月16日(土)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:松本美志也(山口大学大学院医学系研究科)
  1. 慢性出血性膿胸に対する胸膜剥皮術を傍脊椎神経ブロックで自発呼吸温存下に施行した症例 〇八島 望1)、金田卓也2)、長谷川佑介3)、高岡誠司1)
    山形県立中央病院 麻酔科1)
    置賜広域病院組合公立置賜総合病院 麻酔科2)
    山形県立中央病院 集中治療部3)
  2. 心尖部アプローチによる経カテーテル大動脈弁留置術において術野でX線透視下持続胸部傍脊椎ブロックを施行した1症例 〇新宮原久美、近藤隆志、濱田 宏、河本昌志
    広島大学病院麻酔科
    広島大学大学院医歯薬保健学研究院 麻酔蘇生学
  3. 高度肥満患者で超音波ガイド下の上喉頭神経ブロックと経喉頭ブロックが意識下挿管に有用であった1症例 〇齊藤和智、外山裕章、齋藤秀悠、戸田法子、亀山良亘、石井 仁、山内正憲
    東北大学病院麻酔科
    仙台赤十字病院麻酔科
  4. 甲状腺腫合併患者の腹部緊急手術の麻酔管理に超音波診断装置が有用であった一例 〇木村麻衣子、山田久美子、藤倉あい、斎藤重行
    筑波学園病院麻酔科
  5. 薬剤溶出性ステント留置18日後の緊急門側胃切除術に対し両側持続腰方形筋ブロックにて管理した一例 〇森繁 秀太、渡邊 至
    横浜南共済病院
  6. 低心肺機能のため腹膜透析カテーテル挿入術を腹直筋鞘ブロックで管理した1症例 〇山縣裕史、松尾綾芳、赤田哲也、岡 英男、永井郁夫
    綜合病院山口赤十字病院 麻酔科

一般演題 P15 ポスター研究演題(産科麻酔)

4月16日(土)10:00〜11:00 3F麗峰
座長:木村 太(弘前大学医学部附属病院)
  1. 脊髄くも膜下麻酔下帝王切開術後の非ステロイド性消炎鎮痛薬・アセトアミノフェン定時投与の鎮痛効果の検討 〇箱根雅子、日向俊輔、細川幸希、加藤里絵、奥富俊之
    北里大学病院麻酔科
  2. 全身麻酔下帝王切開における腹横筋膜面ブロックの有用性 〇川島如仙、橋詰勇祐、西原教晃、寺田拡文、
    本間広則、清水惠子、四釜裕睦、其田 一
    市立釧路総合病院麻酔科
  3. 当院での硬膜外無痛分娩の現状と今後の課題 〇本山嘉正、塩川浩輝、外須美夫
    九州大学病院麻酔科蘇生科
    九州大学大学院医学研究院麻酔蘇生学 / 九州大学病院麻酔科蘇生科
  4. ペンタゾシンはオピオイドのくも膜下投与によるかゆみを予防するのか 〇高橋英督、鈴木健雄、吉村 敦
    東京都立墨東病院 麻酔科
  5. 当院における帝王切開術後の硬膜外鎮痛実施状況と今後の課題 〇鈴木智文、上川務恵、徳田留衣、高橋和成、竹原由佳、
    小橋川晃代、花城亜子、奥間陽子
    社会医療法人敬愛会 中頭病院麻酔科

一般演題 A2 口演優秀演題(臨床)

4月16日(土)10:30〜11:45 2F桜
座長:西脇公俊(名古屋大学大学院医学系研究科)
井上莊一郎(聖マリアンナ医科大学)
審査員:横山正尚(高知大学医学部)
  1. 腕神経叢ブロック斜角筋間アプローチにおける持続投与用カテーテルの留置長と術後合併症の発生頻度との関係について 〇伊東幸日子、中島邦枝、齋藤 繁
    群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学
    群馬県立がんセンター緩和ケア科
  2. The effect of infusion site on the occurrence of phrenic nerve palsy during supraclavicular approach brachial plexus block : A randomized controlled study 〇Yang Hoon Chung, Justin Sangwook Ko, Duck Hwan Choi
    Department of Anesthesiology & Pain Medicine, Samsung Medical Center, Seoul, Korea
    Sungkyunkwan University, School of Medicine
  3. 胸部傍脊椎ブロックにおける2種類の超音波ガイド下穿刺法の比較検討 〇小畠彩子、加藤貴大、高田菜々子、
    近藤隆志、濱田 宏、河本昌志
    広島大学病院 麻酔科
  4. 超音波ガイド下・頭半棘筋内注入による大後頭神経ブロックの超音波解剖学的検討 〇 臼井要介1)、寺田 哲2)、奥田泰久2)
    白川 香1)、水谷彰仁1)、刈屋 顕3)
    東奈央子3)、松野健二郎3)
    水谷痛みのクリニック1)
    獨協医科大学越谷病院麻酔科2)
    獨協医科大学解剖学マクロ講座3)
  5. 乳癌手術における傍脊椎ブロックと椎弓板ブロックの比較検討 〇室内健志、岩﨑創史、山蔭道明
    札幌医科大学医学部麻酔科学講座
  6. 帝王切開術に対するオピオイド添加単回注入脊髄くも膜下麻酔法における高比重ブピバカイン用量と下肢運動遮断時間 〇堀江彩織、益田律子、安心院純子、細井貞則、
    鈴木陽介、斉藤聡、福山東雄、鈴木利保
    東海大学八王子病院麻酔科
    東海大学医学部医学科外科学系麻酔科

一般演題 P16 ポスター研究演題(その他)

4月16日(土)11:00〜12:00 3F麗峰
座長:黒澤 伸(福島県立医科大学)
  1. 肛門手術に対する麻酔法の検討−脊髄くも膜下麻酔(サドルブロック)と仙骨硬膜外麻酔の比較− 〇田中絵理子、堤 要介
    周南記念病院 麻酔科
  2. Anticholinergic premedication for sedation with dexmedetomidine during spinal anesthesia: a randomized, double-blinded, placebo-controlled study 〇Eun Jin Ahn, HeyRan Choi, KyungWoo Kim, SiRa Bang
    Assistant Professor, Department of Anesthesiology and Pain Medicine,
    Seoul Paik Hospital of Inje University, Seoul, Korea
  3. 末梢神経ブロック時の片手と両手による「固い」と感じる注入圧について 〇美濃口和洋、伊奈川 岳、近藤竜也
    横浜市立市民病院 麻酔科
  4. 当院手術室における末梢神経ブロックカートシステムの導入と麻酔科医・看護師によるその評価 〇徐 民恵、杉浦健之、浅井明倫、冨田麻衣子、仙頭佳起、
    吉澤佐也、太田晴子、草間宣好、祖父江和哉
    名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野
  5. ハイリスク患者の四肢切断術における麻酔法の検討 〇熊谷道雄1)、小林孝史1)、早坂知子1)、吉田亜古1)、亀山良亘2)、山内正憲2)
    大崎市民病院 麻酔科1)
    東北大学大学院医学系研究科 外科病態学講座麻酔科学・周術期医学分野2)
  6. 局所麻酔薬の投与法は多孔式カテーテルの有効性を変えるのかin vitro study 〇栗原正人、深田祐作
    社会医療法人 将道会総合南東北病院 麻酔科
    十和田市立中央病院 麻酔科

一般演題 O8 口演症例演題(その他)

4月16日(土)13:30〜14:30 2F曙 第2会場
座長:萬 知子(杏林大学医学部)
  1. 難治性心室頻拍に対して胸部硬膜外ブロックを施行した1症例 〇恒遠剛示、助永憲比古、廣瀬宗孝
    兵庫医科大学 麻酔科・疼痛制御科学講座、ペインクリニック部
  2. 腰椎前方固定手術において超音波ガイド下胸部傍脊椎ブロックを併用した全身麻酔を施行した一症例 〇金 優、越川 桂、山田宏和
    木沢記念病院
  3. 全身麻酔中に局所麻酔薬中毒が疑われたAwake craniotomyの1例 〇中村公秀1)、三浦大介2)、平川奈緒美3)、坂口嘉郎3)
    佐賀大学医学部附属病院 集中治療部1)
    佐賀大学医学部附属病院 麻酔科蘇生科2)
    麻酔・蘇生学講座3)
  4. デクスメデトミジン鎮静下に切断指再接着術を施行した乳児の麻酔経験 〇藤本侑里、新井千晶、三浦亜紀子、石橋 葵、
    牛尾春香、中垣俊明、吉野 淳、藤村直幸
    聖マリア病院 麻酔科
  5. 小児の指挫創に対する遊離皮弁術の術後鎮痛において腋窩アプローチ持続腕神経叢ブロックが有効であった一例 〇新井千晶、吉野淳、山本美佐紀、藤村直幸
    雪の聖母会聖マリア病院 麻酔科
    九州大学大学院医学研究院 麻酔蘇生学分野

一般演題 O9 口演症例演題(疼痛管理・ペインクリニック 2)

4月16日(土)13:30〜14:30 2F桜
座長:川前金幸(山形大学医学部)
  1. 脊損患者の体幹部痙攣に超音波ガイド下フェノール注入が有効であった症例 〇中島邦枝、廣木忠直、肥塚史郎、斎藤 繁
    群馬県立がんセンター 緩和ケア科
    群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学
  2. 小胸筋症候群の診断および症状緩和に超音波ガイド下胸筋神経ブロックを利用した3症例 〇吉村文貴、山口 忍、杉山陽子、田辺久美子、飯田宏樹
    岐阜大学医学部附属病院 麻酔科疼痛治療科
  3. 外傷による大腿骨骨幹部骨折後の伏在神経痛に対して超音波ガイド下伏在神経ブロックが奏功した症例 〇山本悠介、山本聡美、古谷友則、上田要、加藤 実、鈴木孝浩
    日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野
  4. 間歇的腹直筋鞘ブロックを行った食道癌術後4症例 〇山田直人、脇本将寛、鈴木健二
    岩手医科大学麻酔科学講座
  5. 音波診断装置での仙骨裂孔の破格の同定が困難だった症例 〇今井 亮、木村哲朗、鈴木興太、加藤孝澄、中島芳樹
    浜松医科大学医学部 麻酔・蘇生学講座

超音波ガイド下神経ブロック・ハンズオンセミナー 1 シニア向け企画

(シーメンス・ジャパン共催)
日時:15日(金)9:00-12:00 会場:ホテルニューキャッスル
コーディネーター(2名)
藤原 祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学教室)
佐藤 裕 (つがる広域連合つがる総合病院麻酔科)
インストラクター(9名)
安藤 一義(東京女子医科大学東医療センター麻酔科)
深田 祐作(十和田市立中央病院麻酔科)
仙頭 佳起(名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野)
村田 寛明(長崎大学大学院医歯薬総合研究科麻酔・蘇生科学)
野村 岳志(横浜市立大学大学院医学研究科麻酔科学)
坂本 明之(信州大学医学部麻酔蘇生学教室)
菅原 友道(香川大学医学部付属病院麻酔・ペインクリニック科)
吉田 敬之(関西医科大学麻酔科学講座)
佐藤 祐子(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
受講者 30名
ハンズオン内容
5ブース(モデル4ブース+ファントムブース1)
  1. 腕神経叢ブロック(斜角筋間、鎖骨上、腋窩)
  2. 腹横筋膜面ブロック(肋骨弓下、側方、後方(腰方形筋))、腹直筋鞘ブロック
  3. 大腿神経ブロック(鼡径部、内転筋管)
  4. 坐骨神経ブロック(臀下部、膝窩)

超音波ガイド下神経ブロック・ハンズオンセミナー 2 初級者向け

(日本メディカルネクスト共催)
日時:15日(金)13:30-16:30 会場:ホテルニューキャッスル
コーディネーター(2名)
堀田 訓久(自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座)
北山 眞任(弘前大学医学部附属病院手術部)
インストラクター(9名)
千葉 知史(仙台ペインクリニック)
古谷 友則(日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野)
小野 朋子(弘前大学麻酔科学講座)
伊藤 洋 (独立行政法人地域医療機能推進機構中京病院麻酔科)
森本 康裕(宇部興産中央病院麻酔科)
臼井 要介(水谷痛みのクリニック)
若松 成知(徳島大学麻酔科)
上嶋 浩順(昭和大学医学部麻酔科)
中島 邦枝(群馬大学医学部麻酔科・蘇生科)
受講者 30名
ハンズオン内容
5ブース(モデル4ブース+ファントムブース1)
  1. 上肢の手術に必要なブロック(鎖骨上、斜角筋、腋窩)
  2. 下肢の手術に必要なブロック1(大腿神経、腸骨筋膜下、閉鎖神経)
  3. 下肢の手術に必要なブロック2(坐骨神経:臀下部、膝窩)
  4. 体幹の手術のブロック(腹壁のブロック各種、PECSなど)
  5. ファントムブース(針の描出と操作の練習法を伝授)

超音波ガイド下神経ブロック・ハンズオンセミナー 3 上級者向け 1

(富士フィルムソノサイト・ジャパン共催)
日時:16日(土)9:00-12:00 会場:ホテルニューキャッスル
コーディネーター(2名)
中本 達夫(関西医科大学医学部麻酔科学講座)
柴田 康之(名古屋大学医学部附属病院手術部)
インストラクター(9名)
飯田 高史(旭川医科大学麻酔科蘇生科)
笹川 智貴(旭川医科大学麻酔蘇生学講座)
土井 克史(浜田医療センター麻酔科)
橋本 篤 (愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
小高 光晴(東京女子医科大学東医療センター麻酔科)
近藤 竜也(横浜市立市民病院麻酔科)
酒井 規広(大阪府立呼吸器アレルギー医療センター)
大谷 太郎(獨協医科大学麻酔科学教室)
山本 悠介(日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野)
受講者 30名
Ⅰ.ショートレクチャー
  1. 各種ブロックに必要な神経描出のコツ
  2. 綺麗な針の描出の仕方のコツ
Ⅱ.ハンズオン内容
5ブース(モデル4ブース+ファントムブース1)
  1. 胸部傍脊椎ブロック・肋椎管ブロック(retrolaminar paravertebral block)
  2. 腹横筋膜面ブロック(後方アプローチ)・腰方形筋ブロック・腰神経叢ブロック
  3. 坐骨神経ブロック(傍仙骨アプローチ・膝窩アプローチ)
  4. 浅頚神経叢ブロック・深頚神経叢ブロック・星状神経節ブロック
  5. 穿刺トレーニング(描出・カテーテル挿入)

超音波ガイド下神経ブロック・ハンズオンセミナー 4 上級者向け 2

(GEヘルスケア・ジャパン共催)
日時:16日(土)13:30-16:30 会場:ホテルニューキャッスル
コーディネーター(2名)
佐倉 伸一 (島根大学医学部附属病院手術部)
山内 正憲 (東北大学医学部麻酔科学・周術期医学分野)
インストラクター(9名)
中條 浩介 (香川大学医学部麻酔学講座)
渕辺 誠  (沖縄赤十字病院麻酔科)
紙谷 義孝 (新潟大学地域医療教育センター魚沼基幹病院麻酔科)
小野寺 美子(旭川医科大学 麻酔科蘇生科)
逢坂 佳宗 (川崎市立川崎病院麻酔科)
高谷 純司 (明野中央病院 麻酔科)
武田 敏宏 (香川大学医学部附属病院 麻酔・ペインクリニック科)
矢鳴 智明 (福岡大学病院麻酔科)
渡邉 洋平 (琉球大学医学部麻酔科)
受講者 30名
ハンズオン内容
5ブース(モデル4ブース+ファントムブース1)
  1. 頸部前面(星状神経節,頸部神経根)
  2. 胸部(傍脊椎,肋間)
  3. 腰椎周囲(腰神経叢,腰方形筋ブロック)
  4. 仙骨部(傍仙骨の神経叢,殿下部の坐骨)
  5. ファントムでカテーテルキット実習

抄 録