沿革

  • 昭和53年10月1日
  • 弘前大学医学部附属病院に救急部開設

【歴代救急部長】

  • 昭和53年10月~
  • 岩淵 隆(脳神経外科・教授)
  • 平成6年 4月~
  • 小野寺庚午(第二内科・教授)
  • 平成8年 4月~
  • 鈴木宗平(第一外科・教授)
  • 平成13年 4月~
  • 奥村 謙(第二内科・教授)
  • 平成16年 4月~
  • 浅利 靖(救急災害医学・教授)
  • 平成16年4月1日
  • 救急・災害医学講座を設置
  • 平成22年4月1日
  • 高度救命救急センターを設置(救急部を廃止)

【歴代センター長】

  • 平成22年4月~
  • 浅利 靖(救急災害医学・教授)
  • 平成26年2月~
  • 藤 哲(病院長:教授不在による代行)
  • 平成27年4月~
  • 山村 仁(救急災害医学・教授)
  • 平成27年8月26日
  • 原子力災害医療・総合支援センター
    高度被ばく医療支援センターの指定を受ける
  • 平成27年9月29日
  • 基幹災害拠点病院の指定を受ける