初期研修医プログラム

初期研修医プログラム

  1. カリキュラム

    • 【GIO(General Instructive Objective)】
      • 臨床医として必要な態度、習慣を身につける。
      • 他の医療スタッフと協力したチーム医療を身につける。
      • 患者および医療従事者にとって安全な医療を身につける。
      • 救急患者に対する問題対応型思考、学習習慣を身につける。
      • 生命や機能的予後に係わる緊急を要する病態や疾病、外傷に対する適切な診断・初期治療能力を身につける。
      • 救急患者の病歴聴取、診察、およびプレゼンテーションができる。
      • バイタルサインを安定化させるための緊急処置を策定することができる。
      • 各救急疾患の基本的な緊急検査を策定することができる。
      • 救急医療システムを理解する。
    • 【SBO(Specific Behavioral Objectives)】
      • 医療人として必要な基本姿勢・態度について理解する。
      • バイタルサインの評価について理解する。
      • 急変時の対応について理解する。
      • 救急患者での視診・打診・触診・聴診ができる。
      • 尿・血液検査の基本的な解釈ができる。
      • 心電図を正しく記録し所見を述べることができる。
      • 胸部・腹部レントゲン検査の基本的な読影ができる。
      • 心肺蘇生法を理解しBLSについては習得さらに指導できる。
      • 外傷患者の初期評価について理解する。
      • 内因性救急疾患の初期診療について理解する。
      • 救急患者でのインフォームドコンセントについて理解する。
      • プレホスピタルケア・メディカルコントロールについて理解する。
      • 適切な患者接遇ができる。
  2. 評価

    • 症例レポートの対象となる場合にはレポートを作成する。
      EPOCへ入力する。
      • Advanced skills(挿管、胸腔ドレーン留置、中心静脈留置、Aライン、気管切開)については各研修医の診療・学習内容を鑑み、指導医の判断で実施させる。
  3. 診療対象

    • 心肺停止、多臓器不全、多発外傷、熱傷、中毒など重症の救急患者
    • 他の医療機関で対応できない救急患者
    • 救命救急センターに入室患者
  4. 講義

    • 研修開始後2週間以内に以下の講義(各1時間程度)を行う。
      JATEC、呼吸管理、循環管理、意識評価と鎮静、心電図
  • 初期研修プログラム
  • 弘前大学医学部附属病院救急科研修プログラム