救急医を目指すなら

救急医を目指すなら

弘前大学医学部附属病院高度救命救急センターには、青森県全域から多くの重症傷病者が搬送されています。症例は内因から外因まで幅広い重症例に加え、軽症から中等症の救急傷病者も数多く搬入されています。地域で活躍するためには、common diseaseや枠にとらわれない症例の診療を身につけることが重要です。


弘前大学医学部附属病院救急科研修プログラムの特徴

  1. ERから三次救急まで経験

    このプログラムでは、ER診療から重症傷病者の初期診療まで、救急で扱う幅広い診療に加え一般的な総合診療も経験できます。全ての研修施設で、初期診療だけではなく入院後の集中治療管理も行っているため、入院から退院に至る診療方針や診療手技を身につけることが可能です。また、多くの他科研修も用意しており、それらの組み合わせにより豊富なスキル獲得ができます。たとえば、一般外科の研修との組み合わせでAcute Care Surgery 、循環器内科との組み合わせで心血管インターベンションなどのスペシャリティを磨くこともできます。

  2. ドクターヘリをはじめとした病院前診療

    生命の危機に瀕する重症傷病者を、最初に診療するのが救急医です。重症傷病者では、現場からの診療が救命の鍵となります。このプログラムでは、ドクターカーやドクターヘリで現場に向かい、病院前から救急診療に携わることが可能です。

  3. さまざまなキャリアパスが可能

    救急科専門医は、「将来救急だけしかできない」、「年をとったら救急は続けられない」と思われがちです。しかし、連携施設で研修している医師には、ジェネラリストの経験を生かして開業したり、育児をしながら活躍している女性医師がいます。ER診療では、平日日勤帯の診療が可能で、チーム医療により勤務時間を作れることから、家事と仕事が両立できます。もちろん、救急診療のスペシャリストを目指す医師にも最適なプログラムです。

  • 初期研修プログラム
  • 弘前大学医学部附属病院救急科研修プログラム