弘前大学大学院医学研究科脳神経外科学講座

News

・H29.9.4

脳神経外科手術ハンズオン お知らせ
  日時:平成29年10月21日(土)10:00〜(昼 軽食あり)
  場所:中央診療棟 5階 大会議室
  詳しくはこちら→20171021.pdf
  参加ご希望の方、質問等は、下記にご連絡下さい。
  LinkIconcerebro@hirosaki-u.ac.jp

・H29.7.7
 弘前脳神経てんかんセミナー 開催のお知らせ
  日時:平成29年7月21日(金)19:00〜20:30
  場所:ホテルニューキャッスル弘前 2階「曙の間」
  詳しくはこちらLinkIcon

・H29.6.12 
 以下の学会で発表致しました。
 第31回日本神経救急学会学術集会
 シンポジウム
 脳神経外科救急診療の標準化のために −現在までのPNLSコースの改善-
 ○伊藤勝博、高橋恵、中村丈洋、豊田泉、池田尚人、
  岩瀬正顕、本多満、平山晃康、奥寺敬、大熊洋揮 

・H29.5.22 
 以下の学会で発表致しました。
 第35回日本脳腫瘍病理学会
 ギリアデル貼付を念頭に置いた術中迅速断端標本の正診率についての検討
 ○浅野研一郎、片山耕輔、角田聖英、加藤哲子、黒瀬顕、大熊洋揮

 MPNSTとの鑑別を要したCellular schwannomaの2例
 ○片山耕輔、浅野研一郎、松田尚也、角田聖英、大熊洋揮、黒瀬顕

・H29.5.19
 第15回青森県脳卒中フォーラム 開催のお知らせ
  日時:平成29年5月27日(土)16:00〜19:00
  場所:ホテル青森 3階「あすなろの間」
  詳しくはこちらLinkIcon

・H29.5.15 
 以下の学会で発表致しました。
 第37回日本脳神経外科コングレス総会
 スパズムの概念及び治療の変遷と現状の課題
 指定発言:弘前大学脳神経外科 大熊洋揮

・H29.4.24 
 以下の学会で発表致しました。
 第8回日本ニューロリハビリテーション学会
 高齢者くも膜下出血令がフレイルから回避するための方策
 ◯嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、片山耕輔、角田聖英、
  片貝武、大熊洋揮

 動物くも膜下出血モデルにおける神経学的評価法
 −文献レビューと自験による再評価−
 ○片貝武、麓敏雄、嶋村則人、大熊洋揮

・H29.4.24 
 以下の学会で発表致しました。
 第30回日本老年脳神経外科学会
 特別企画
 高齢者脳動脈瘤性くも膜下出血 −Systematic review−
 ◯大熊洋揮

 特別提言討論
 高齢者脳血管障害治療におけるFrailty Indexの提言
 ○井川房夫、森健太郎、森岡基浩、大熊洋揮、宇野昌明、
  小笠原邦昭、菱川朋人、阿部博史、亦野文宏

 シンポジウム
 高齢者における慢性硬膜下血腫術後再発に対する五苓散の効果の検討
 ○片山耕輔、松田尚也、長谷川聖子、大熊洋揮

 原発がん未治療の高齢の転移性脳腫瘍に対する低線量分割照射による
 ガンマナイフ治療
 ○片山耕輔、浅野研一郎、長谷川聖子、大熊洋揮

・H29.4.17 
 以下の学会で発表致しました。
 第26回脳神経外科手術と機器学会
 チタンプレート固定用刺傷防止ドライバーストッパーの試作
 ◯浅野研一郎、片貝武、片山耕輔、松田尚也、奈良岡征都、大熊洋揮

・H29.3.22 
 第8回スパズムシンポジウム優秀論文賞 受賞の知らせ
 当講座員、松田尚也が発表致しました
 「Effect of Cilostazol on Cerebral Vasospasm and Outcome
  in Patients with Aneurysmal Subarachnoid Hemorrhage
  : A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial.
  Cerebrovasc Dis. 2016;42(1-2):97-105. doi:10.1159/000445509
 が優秀論文賞 臨床研究部門を受賞致しました。

・H29.3.21 
 以下の学会で発表致しました。
 第42回日本脳卒中学会学術集会

 くも膜下出血後遅発性脳虚血に対するStrong Statinの効果
 −多施設RCTによる検討−
 ◯渡辺柚香、奈良岡征都、嶋村則人、赤坂健一、浅野研一郎、竹村篤人、
  長谷川聖子、大熊洋揮

 非典型発症くも膜下出血の臨床的特徴について
 ○片貝武、奈良岡征都、小笠原ゆかり、嶋村則人、浅野研一郎、大熊洋揮

 第46回日本脳卒中の外科学会学術集会

 高齢者くも膜下出血をフレイルから回復させるための指針
 ◯嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、片山耕輔、角田聖英、片貝武、
  伊藤勝博、浅野研一郎、大熊洋揮


 第33回スパズム・シンポジウム シンポジウム
 くも膜形成による血腫クリアランスの催促とスパズム予防
 −Propensity score matching法による検討−
 ◯奈良岡征都、松田尚也、片貝武、嶋村則人、大熊洋揮

 シンポジウム
 スパズム基礎研究の歴史的背景と将来について
 ◯嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、片貝武、大熊洋揮

 シンポジウム
 スパズムに対するシロスタゾールとスタチン:有効性の真偽
 ◯大熊洋揮


 STROKE2017
 日本脳卒中の外科学会・スパズム・シンポジウム 合同シンポジウム
 破裂脳動脈瘤の治療成績の変遷−影響因子の解明に基づいた分析−
 ◯大熊洋揮、嶋村則人、浅野研一郎、伊藤勝博

・H29.3.10 
 以下の学会で発表致しました。
 第16回日本再生医療学会総会
 脳出血モデルおけるMultilineage-differentiateing Stress Enduring細胞に
 よる神経機能回復
 ◯嶋村則人、角田聖英、内田浩喜、若尾昌平、出澤真理、大熊洋揮

・H29.3.6 
 以下の学会で発表致しました。
 第17回日本術中画像情報学会
 術中Head Up Displayを使用した光学式ナビゲーションの精度と誤差に
 ついての検討
 ◯浅野研一郎、片山耕輔、角田聖英、大熊洋揮

・H28.12.7 
 以下の学会で発表致しました。
 第22回日本脳神経外科救急学会
 シンポジウム
 原子力災害医療の現状と課題
 ◯伊藤勝博、矢口慎也、山村仁、大熊洋揮

・H28.11.28 
 以下の学会で発表致しました。
 第32回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会
 術中トラブルを如何に回避し克服するか:次の一手の重要性
 ◯嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、片山耕輔、
  角田聖英、片貝武、大熊洋揮

 頸動脈ステント留置術症例の動脈血中酸化ストレスは認知機能と
 負の相関をし、術後虚血巣と正の相関をする
 ○嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、小笠原ゆかり、片貝武、
  麓敏雄、大熊洋揮
 
 急性期血栓回収療法の現状と問題点‐30症例の分析から‐
 ○奈良岡征都、嶋村則人、松田尚也、片貝武、大熊洋揮

 中大脳動脈末梢の血栓回収を行った4例
 ○片貝武、嶋村則人、奈良岡征都、松田尚也、片山耕輔、角田聖英
  小笠原ゆかり、浅野研一郎、大熊洋揮

・H28.11.21 
 会長賞 受賞の知らせ
 当講座員、片山耕輔が第23回日本神経内視鏡学会にて発表致しました
 「視床出血に対する内視鏡的血腫除去術 
  ー有効性確立のための比較臨床試験のデザイン設定ー
 が会長賞を受賞致しました。

・H28.11.21 
 以下の学会で発表致しました。
 第23回日本神経内視鏡学会
 視床出血に対する内視鏡的血腫除去術 
 ー有効性確立のための比較臨床試験のデザイン設定ー
 ◯片山耕輔、松田尚也、浅野研一郎、大熊洋揮

・H28.10.26
 第11回青森県脳腫瘍セミナー 開催のお知らせ
  日時:平成28年11月18日(金)18:20〜20:30
  場所:アートホテル弘前シティ(旧ホテルナクアシティ弘前
     3F「トパーズ」
  詳しくはこちらLinkIcon

・H28.10.13
 第28回弘前脳疾患臨床セミナー 開催のお知らせ
  日時:平成28年10月21日(金)18:45〜20:45
  場所:ナクアシティ弘前 3F「トパーズ」
  詳しくはこちらLinkIcon

・H28.10.3 
 以下の学会で発表致しました。
 日本脳神経外科学会第75回学術総会
 Early brain injury対策によるVasospasm病態の改善
 −抗酸化ストレス剤の効果−
 ◯奈良岡征都、松田尚也、嶋村則人、王亮、麓敏雄、大熊洋揮

 脳神経外科救急対応を有効に学習するために行ったPNLSコースの改善
 ◯伊藤勝博、大熊洋揮、高橋恵、中村丈洋、山田実貴人、豊田泉、
  池田尚人、岩瀬正顕、奥寺敬

 形態的にオリゴ成分を含んだ腫瘍の髄液播種と遠隔転移について
 ◯浅野研一郎、片山耕輔、角田聖英、黒瀬顕、大熊洋揮

 長期的転帰に基づいた高齢者くも膜下出血戦略
 ◯嶋村則人、奈良岡征都、小笠原ゆかり、松田尚也、片山耕輔、
  角田聖英、片貝武、浅野研一郎、伊藤勝博、大熊洋揮

 シンポジウム
 スパズムの本態は脳主幹動脈狭小化か?脳微小循環障害か?
 −RCT登録症例のpost hoc解析による検討−
 ◯大熊洋揮、奈良岡征都、嶋村則人、浅野研一郎、伊藤勝博

・H28.6.28
 6月25日にハンズオンセミナーが行われました。
 その時の様子です。→写真集

・H27.4.1
 SCUが設置され稼働いたしましたSCUの様子