教室の沿革

HOME > 教室の沿革

iwabuchi.jpg

1972年(昭和47年)10月、岩渕隆(故名誉教授)が初代教授に就任し、弘前大学医学部脳神経外科学講座が開設されました。翌昭和48年1月より診療が開始され、1月22日に第1例目の手術が行われています。開設当時5名であった教室員も漸増し、それに伴い診療、教育、研究の拡充が図られました。さらに県内地域医療に対応すべく関連病院においても脳神経外科の診療を開始し、現在の診療体制の基礎ができあがりました。

suzuki.jpg

1994年4月より鈴木重晴(現名誉教授、青森市民病院長)が第2代教授に就任し、診療、教育、研究におけるさらなる発展が遂げられました。脳血管障害ではくも膜下出血に関し独自の治療法の開発に努め、その治療成績は世界トップレベルに達しています。また、脳腫瘍の分野においては悪性腫瘍に対する集学的治療の推進や深部脳腫瘍を安全に手術するための独自のモニタリング法の開発などを行い、臨床・研究面で大きな成果を上げています。さらにパーキンソン病を始めとする機能的脳神経外科、小児脳神経外科等さまざまな分野を創設・発展させてきました。また、国際化のために、多くの教室員が海外留学の経験を積む機会を得て、その知見をもとに教室の研究、臨床にさらなる飛躍がもたらされることに結びついています。

ohk.jpg

2004年2月、大熊洋揮が第3代教授に就任し、新体制がスタートしました。臨床面では脳神経外科全分野において高度先端医療を遂行し、かつ津軽地域の全脳神経外科救急疾患の治療を担当することを目標に活動を開始しています。研究面ではゲノム時代の到来に対応し、脳血管障害、脳腫瘍、外傷、機能的脳神経外科、小児脳神経外科等の分野において分子生物学的アプローチを加えた研究を行い、世界レベルの成果を得てこれを臨床にフィードバックすることを目標としています。

お問い合わせ

〒036‐8562
青森県弘前市在府町5
TEL:0172-39-5115
FAX:0172-39-5116
LinkIconnougeka@hirosaki-u.ac.jp