診療案内

CIMG0539.JPG

HOME > 診療案内

概要

◆脳神経外科治療の対象となる疾患は、脳血管障害(脳卒中)、脳腫瘍、頭
 部外傷、先天性奇形、機能的脳神経外科疾患などに大別されますが、当科
 ではこれら全ての疾患に対する治療を行っています。
◆脳血管障害、頭部外傷などの急性疾患に対しては、24時間体制で検査・
 緊急手術などの対応を行っています。
◆脳腫瘍、機能的脳神経外科疾患などに対しては、術中モニタリング、神経
 内視鏡、定位的手術、ナビゲーションシステムなどの併用により先進治療
 を行っています。

ー診断の特徴・特色ー

以下の様な疾患を中心に治療を行っています。
◆脳血管障害
 1.くも膜下出血(破裂脳動脈瘤)
  発症24時間以内の急性旗根治手術を行い、さらにくも膜下出血特有
  種々合併症に対して独自の治療法を開発し良好な予後を得ています。
 2.未破裂脳動脈瘤
  破裂脳動脈瘤手術経験の蓄積に基づき、合併症を最小限に抑えた手術
  (脳動脈瘤クリッピング術)を行っています。
 3.脳内出血
  独自に開発した神経内視鏡併用定位的装置による低侵襲的血腫除去術
  行い良好な予後を得ています。
 4.虚血性脳血管障害(脳梗塞)
  外科的適応を把握するための詳細な検査を行い、バイパス手術、頸動
  血栓内膜摘除術を最小限の危険性をもとに行っています。

◆脳腫瘍
 1.頭蓋底腫瘍・深部脳腫瘍
  各種の術中モニタリングを開発・応用し、これらの併用により安全、
  実な摘出術を遂行しています。
 2.悪性脳腫瘍
  手術、化学治療、放射線治療などの集学的な治療を行い、QOLの向
  を得ています。また、遺伝子治療などの独自の治療法の開発にも着
  ています。
 3.間脳・下垂体腫瘍
  神経内視鏡の併用による低侵襲的摘出術を行っています。

◆機能的脳神経外科疾患
 1.顔面痙攣・三叉神経痛
  術中モニタリングの併用下に安全かつ確実性の高い微小血管減圧術を
  行しています。
 2.頑痛症・不随意運動症
  脳脊髄電気刺激療法を導入しています。

ー外来診療案内ー

・初診受付
 月・金曜日の午前10時半までです。緊急疾患に対しては随時対応していま
 す。
・再来受付
 月〜金曜日の午前11時までです。現在予約外来制を導入し、月・水・金曜
 日を中心に受診して頂いています。
・専門外来は設けず、何れの曜日でも何れの疾患に対しても脳神経外科専門
 医が対応できるようにしています。

ー倫理審査を経た臨床研究へのご協力のお願い

以下のような臨床研究・登録事業を行っています。ご協力をお願い致します。
詳細は各項目をクリックして下さい。

<共同研究・登録事業>
日本脳腫瘍研究グループ(Japan Clinical Oncology Group; JCOG)における全国多施設共同研究JCOG1016JCOG1303JCOG1114

日本脳神経外科学会・脳神経外科手術症例オンライン登録事業LinkIcon詳細

■超急性期脳梗塞に対する血管内治療の有効性確認のための無作為比較研究(当院倫理委員会整理番号2014-147)

DPCデータを利用した破裂動脈瘤によるくも膜下出血患者における脳血管攣縮の実態調(当院倫理委員会整理番号2013-311)LinkIcon詳細

■洗浄液の組成による慢性硬膜下血腫再発抑制の検討(前向き多施設研究)(当院倫理委員会整理番号2013-015)

■ステント支援脳動脈瘤塞栓術の効果と安全性に関する多施設共同前向き観察研究(当院倫理委員会整理番号2012-193)

<当科主導の臨床研究>
■悪性脳腫瘍に対する抗悪性腫瘍剤治療における薬剤耐性遺伝子検査(当院倫理委員会整理番号2014-296)

悪性神経膠腫におけるテモゾロミド、ビンクリスチン、インターフェロンベータ、ベバシズマブ、放射線照射による多剤併用療法の治療効果(当院倫理委員会整理番号2014-292)LinkIcon詳細

■脳動脈瘤性くも膜下出血の搬入前再出血症例の検討(当院倫理委員会整理番号2014-276)

■慢性硬膜下血腫術後の再発に対する五苓散の予防効果 ‐多施設研究‐(当院倫理委員会整理番号2014-194)

■くも膜下出血後脳血管攣縮に対するスタチン製剤の予防効果(当院倫理委員会整理番号2014-178)

■高齢者くも膜下出血例の長期転帰についての研究(当院倫理委員会整理番号2014-018)

小児脳幹部神経膠腫の治療成績(東北・新潟地方における多施設共同研究)(当倫理委員会院整理番号2013-359)LinkIcon詳細

■脳動脈瘤性くも膜下出血の非典型発症例の検討(当院倫理委員会整理番号2013-351)

■IMP時系列解析と脳血管障害予後予測(当院倫理委員会整理番号2012-132)

■高齢者高血圧に関する臨床研究(後援:日本高血圧学会)心血管系疾患の危険因子を有する高齢者高血圧患者に対するAT1受容体拮抗薬を基礎薬としたカルシウム拮抗薬または少量利尿薬の併用試験(COLM-Study)(当院倫理委員会整理番号2008-024)

■頸動脈プラークの破砕に伴う局所血液パラメーターの変動についての研究(当院臨床研究審査委員会整理番号 研17H26001)

お問い合わせ

〒036‐8562
青森県弘前市在府町5
TEL:0172-39-5115
FAX:0172-39-5116
LinkIconnougeka@hirosaki-u.ac.jp