教室紹介

寄附講座

不整脈先進治療学講座
心臓血管病先進治療学講座
脳卒中・血管内科学講座
心臓病遠隔管理システム開発学講座

不整脈先進治療学講座(寄附講座)

Advanced Management of Cardiac Arrhythmias
研究室構成および紹介

教授(併)富田 泰史
准教授  木村 正臣

 カテーテルアブレーションおよび不整脈治療デバイス関連企業により創設された寄付講座である不整脈先進治療学講座は,
1. 現在普及しているカテーテルアブレーションでは治療困難な再発性頻脈性不整
  脈に対する先進的3次元マッピング・カテーテルナビゲーションシステムの開発
  とその臨床応用
2. 不整脈ならびに心不全治療デバイスによる不整脈機序の解明と心不全の病態理
  解のための新たなデバイス機能の開発
3. 不整脈ならびに心不全治療デバイスを用いた急性期から慢性期にわたるトータ
  ルな患者管理システムの構築
により,臨床不整脈学の発展に寄与することを目的としています。

 当講座は教授1名,准教授1名,クラーク1名からなり,循環器腎臓内科学講座と連携し,同講座の不整脈研究グループとともに臨床不整脈治療に携わっています。
 講座開設後もこれまで同様,最新の3次元マッピング・カテーテルナビゲーションシステムを用いたアブレーション治療,不整脈ならびに心不全治療デバイスを用いた急性期から慢性期までのトータルな患者管理システムの確立にむけ様々な努力を重ねています。
 カテーテルアブレーション治療においてはコンタクトフォース(カテーテル先端の接触圧)をモニター可能なカテーテルに加え、肺静脈隔離術に特化した各種のバルーンカテーテル(クライオバルーンカテーテル、ホットバルーンカテーテル)や内視鏡アブレーションシステム(レーザーバルーンカテーテル)により安全で確実なアブレーション治療が可能となりました。さらにAI(人工知能)を組み合わせた高精細度マッピングシステムや複雑な頻拍に対応可能な多極マッピングカテーテルを導入し,その有効性を検討している段階にあります。平成30年度のカテーテルアブレーション件数は501件(心房細動305件)と年々増加傾向にあり、手術手技を学ぶため国内外から年間30-40名の見学者(医師、看護師、臨床工学技師、放射線技師など)を受け入れています。
 デバイス治療においては,従来どおり植込み型デバイスを用いた遠隔モニタリングシステムの普及を進め,利用患者数も450名を超える状況となっています。また着用型自動除細動器を用いた新たな急性期患者管理システムを構築し急性期患者の不整脈による突然死の予防,さらに平成28年2月からは完全皮下植込み型除細動器を用いた新たな心臓突然死予防も可能になりました。
 これらの不整脈診療の進歩を有効に活用した不整脈患者の診療,患者管理システムの確立と普及を目標に研究を進めています。


FAX:0172-39-5248
※FAXの上お電話下さい。 TEL:0172-39-5246
お問合せ 循環器腎臓内科学講座 TEL:0172-39-5057
FAX:0172-35-9190

〒036-8562
青森県弘前市在府町5
弘前大学大学院医学研究科 メールでのお問合せはこちら
秀峰会(会員のみアクセス可)
ページトップへ