入局案内(眼科研修を希望される方のページ)

弘前大学医学部眼科学教室ではどのような研修が受けられるか

弘前大学式眼科専門研修プログラム

写真:眼科講義風景
眼科手術風景

日本眼科学会では初期研修2年の後、指定する認定研修施設にて日本眼科学会会員として最低4年間の眼科研修を行った後、眼科専門医試験の受験資格が得られることが規定されています。しかし、この4年間の眼科研修期間の最初の2年間のうちの少なくとも1年間は学会指定のプログラム認定研修施設にての研修が義務づけられています。

弘前大学医学部眼科学教室はこのプログラム認定研修施設の基幹施設に指定されており、私たちは大学での最低1年間の研修に加えて、大学病院と関連病院を含む合計4年の研修によって眼科専門医に必要な眼科研修のすべてを網羅する研修プログラムを準備して眼科の専門研修医の入局(受け入れ)をお待ちしています。

眼科専門医の資格がなければ行えない治療(加齢黄斑変性に対する光線力学療法、屈折矯正手術)も今後増加することも考えられますし、5年毎に専門医資格を更新することにより眼科医としての生涯教育と水準維持に大変な効果があります。

眼科のさまざまなレベルの第一線的な診療を豊富に体験できる

大学病院での眼科研修期間中は大学病院の非常勤医師として各種の報酬と手当が支給されるのに加えて、研修の一環として関連の市中病院での非常勤医としての一般診療も週2回まで行えますので、眼科のさまざまなレベルの第一線的な診療を豊富に体験することができ、かつ十分な収入が保証されることになります。

プログラム認定研修施設における眼科専門研修として日本眼科学会が定めた研修項目には次の7項目が含まれます。それぞれ当教室の指導担当者とともに紹介します。

  1. 角結膜疾患(山内宏大:日本眼科学会認定眼科専門医)
  2. 緑内障(工藤孝志:日本眼科学会認定眼科専門医)
  3. 白内障(齋藤昌晃:日本眼科学会認定眼科専門医・指導医)
  4. 網膜硝子体・ぶどう膜(鈴木幸彦:日本眼科学会認定眼科専門医・指導医)
  5. 屈折矯正・弱視・斜視(工藤朝香:日本眼科学会認定眼科専門医)
  6. 神経眼科・眼窩・眼付属器(中澤 満:日本眼科学会認定眼科専門医・指導医)
  7. 臨床他科との連携

また、弘前大学医学部附属病院を専門研修基幹施設としてそれと連携する専門研修連携施設としては、青森県立中央病院、青森市民病院、八戸市民病院、国立病院機構弘前病院、大館市立総合病院、青森労災病院、国保黒石病院、地域医療機能推進機構秋田病院、つがる総合病院、東北大学病院が認定されています。

弘前大学医学部眼科学教室では最初の6ヵ月間に教授、准教授、講師および助教の各スタッフからそれぞれの専門領域の基本講義(新人講義)を受けつつ、それと同時並行にて各眼科専門外来をローテートしながら各疾患の臨床的特徴を体得し、かつ眼科入院患者を主治医グループの一員として入院患者を担当することにより、各疾患に対するより深い知識と経験を得ることができるように配慮されています。

さらに自ら担当した患者について症例報告をまとめ、教室内で毎週開催される研究会や症例検討会にて報告し、さらに春と秋に開催される青森眼科集談会にて報告します。

眼科専門医として必須な項目を習得

写真:眼科講義風景
質疑応答風景

これにより、自分の症例報告の技術アップを図るとともに、教室内ばかりでなく、関連病院や青森県眼科医会の先輩眼科医との質疑応答を通して次第に学会報告や論文報告といった眼科専門医として必須な項目を習得できように指導します。各自の症例報告や症例検討を基本に全国学会での報告や論文作成を指導いたしますのでこれにより眼科専門医受験資格を整えていけるようなプログラムとなっています。

また手術については各人の習熟度にしたがって徐々に技術が身に付くように指導しますが、おおよその目安としては最初の1年次では顕微鏡手術の基本と外眼部手術の習得および白内障手術の基本手技のマスターに主眼をおき、最終到達目標を指導医の指導の下での白内障摘出、眼内レンズ移植手術ができることとしています。

以後、順次網膜剥離や硝子体手術、緑内障手術、斜視手術へと進みますが、2年次の研修終了時の最終到達目標として独立して白内障摘出、眼内レンズ移植手術ができるようになることと、指導医の指導の下で網膜剥離手術ができるようになることとしています。さらに詳しく知りたい方は次をどうぞ。

▲このページの先頭へ

眼科専門研修を弘前大学で受けることの大きな利点

青森県は眼科医1人当たりの患者数が1万4千人と東京都の眼科医の2.7倍あり、豊富な症例数に恵まれています。また眼科医の需要がきわめて高い地域ですので、できるだけ早い時期から大学病院のみならず地域の中核病院でも診療スタッフの一員として眼科診療に積極的に参加し活躍していただきます。

そのため、とくに眼科手術教育には格段に力を入れており、最初の1年次終了時点で白内障手術が指導医の指導の下で執刀できるようになるのを到達目標とし、2年次終了時点では独立した白内障手術術者として執刀できることを到達目標に集中的に指導します。3年次以降は白内障ばかりでなく、網膜剥離や緑内障手術も指導いたします。

オールラウンドな眼科手術のエキスパートとして自立

さらに眼科専門医資格取得後の5年次以降には網膜剥離や緑内障に加えて斜視手術、角膜移植、網膜硝子体手術など、できる限りオールラウンドな眼科手術のエキスパートとして自立できるように指導します。また後期研修の習得状況に合わせて関連病院での手術研修を斡旋することもいたします。

この件に関するご質問は下記まで。(※JavascriptをOnにして下さい。)

弘前大学医学部眼科学教室
眼科研修責任者
中澤満
弘前大学医学部眼科学教室
診療教授(総医長)
鈴木幸彦
弘前大学医学部眼科学教室
診療講師(教室長)
工藤孝志

▲このページの先頭へ

働く女性医師ないし子育てと仕事との両立を目指す方へ

弘前大学医学部附属病院では「ひろだい保育園(園長は病院長が兼任)」を敷地内に開設し、子育てと仕事との両立を支援しています。定員の中には勤務時間中のみの場合と24時間対応とがありますので、適宜選択できます。またお子様の体調管理は当院小児科医師が当たりますので安心して仕事に研修に打ち込むことが出来ます。

▲このページの先頭へ