新人教育などについて

看護部における新人教育

新人教育の意義

医療安全の確保および新人看護職員の看護実践能力の向上をはかる。

新人看護職員の到達目標

  1. 看護職員・社会人として必要な基本姿勢と態度を習得できる。
  2. 看護に必要な基礎知識を習得する。
  3. 基本的看護技術が実践できる。
  4. 看護過程を展開し、複数の受け持ち患者のケア計画と実践ができる。
  5. 自分自身を振り返り、課題を見つけることができる。

到達レベル

  1. 看護基準・手順・マニュアルに沿って、準備から後始末までできる。
  2. 人間尊重・人権を擁護し、患者の安全・安楽を確保できる。
  3. 配属部署の標準的な比較的状態の安定した患者のケアができる。

教育支援体制(組織体制)

教育担当専任スタッフの配置

看護職教育キャリア支援センターに、教育担当看護師長1名と教育指導支援者2名を配置して、看護職の教育支援と学習環境の整備を行っています。

教育指導支援者
技術指導 基本的看護技術研修の際に技術指導をします。
自信がない場合には個別指導に対応しています。
メンタルサポート 集合研修の時に新人看護職員の様子に目を配り、効果的な研修が行えるようにしてます。
随時、各部署を訪問して新人看護職員が困っていることがないか、話す時間を設けています。
部署から離れて、個別に面談する時間を設定して相談にのります。


配属部署での体制

プリセプターシップ制を実施しています。新人看護師に対して経験のある先輩看護師(実地指導者=プリセプター)がある一定期間マンツーマンで同じ勤務を一緒に行って仕事を教えます。
また、新人看護職員の成長過程を確認し、今後の指導方針の確認・見直しや、新人教育に関する問題の調整や解決の機会とするため、プリセプター会議を開催しています。参加メンバーは、看護師長、副看護師長、プリセプターです。

第一病棟2階 プリセプター
弘前大学医学部保健学科看護学専攻卒業
          (平成22年卒)

新人の時は不安と緊張でいっぱいだと思いますが、知識・技術面だけでなく精神面でもフォローしていきたいと考えています。病棟スタッフみんなで新人をサポートし、看護の楽しさややりがいを感じてもらえると嬉しいです。

第一病棟2階 プリセプティ
弘前学院大学看護学部看護学科卒業
          (平成28年卒)

入職当初は何もわからず緊張と不安でいっぱいでしたが、プリセプターさんがいつも気にかけてくださり安心感を持つことができました。看護技術面についても、できることや未熟なことを誰よりも理解してくださっているので、すぐに相談できる心強い存在です。

研修体制

研修体制は、看護部における教育計画(集合教育)および部署における新人年間教育計画、自己学習などを組み合わせて行っています。

研修体制の目安

集合教育

4月に採用になった新人看護職員を対象に、基本的看護技術を中心に学生では経験しない業務に関する内容も含めた集合研修を実施しています。

研修の時期:4月~7月は各月2回 10月に1回 2月に1回

集合研修では「知識がわかる」「演習でできる」「事例で展開できる」ことを目標としており、受け持ち患者で実践できるよう部署教育につなげています。


4月:基本的看護技術研修(1)

ケアに活かそう~基礎看護教育での学びをReview~
 *看護基礎教育で学んだ技術を再確認しながら、部署で使用している物品で練習します。
 研修項目:移乗・移送/寝衣交換・おむつ交換・スキンケア/手指衛生・針刺し防止

4月:基本的看護技術研修(2)

経験して身につけよう安全な技術と看護業務
  *ナーシング・スキルで手順を事前に学習して研修に臨みます。
 研修項目:輸液法(ミキシング、プライミング)/採血法/確認行為

5月:基本的看護技術研修(3)

夜勤に向けて、必要な知識や技術・態度を身につけ自信を持とう

 研修項目:症状・生体機能管理技術/業務管理/看護業務

 *基礎教育で経験できない日勤業務・夜勤業務内容や事務手続きについて、
  先輩看護師が具体的に教え、演習ではみんなで考えます。
  また、夜勤の時の睡眠についてもアドバイスします。

 講義内容の例)

研修項目:検体の知識/薬剤管理に関する講義は、検査部や薬剤部から講師を招いて、
     専門的な知識を習得します。

5月:基本的看護技術研修(4)

夜勤に向けて、必要な知識や技術・態度を身につけ自信を持とう

 *シミュレーターを使用した演習を、複数回経験できます。

研修項目:呼吸・循環を整える技術(吸引・酸素吸入)

6月:基本的看護技術研修(5)

ケアや業務に潜むリスクを確かな知識と技術で回避!!

 *病棟で実際に使っている機械に触れて、正しい操作方法やアラームの対応などに
  ついて学びます。

研修項目:安全確保の技術(確認行為・リスク回避)/輸液ポンプ・シリンジポンプの取り扱い

6月:基本的看護技術研修(6)

ケアや業務に潜むリスクを確かな知識と技術で回避!!

 *業務における優先順位の考え方や業務の組み立て方について演習を通して学びます。

研修項目:業務の組み立て(多重課題と対応)/経管栄養法/浣腸

7月:基本的看護技術研修(7)

できることを拡大しよう。

 *褥瘡の発生要因のリスクアセスメントと予防ケア、膀胱留置カテーテル法を演習で
  学びます。

研修項目:褥瘡の予防ケア/ポジショニング、車椅子での安楽方法、膀胱留置カテーテル法など

7月:基本的看護技術研修(8)

できることを拡大しよう。

 *ドレーン管理の基本、輸血製剤の取り扱いについて演習を通して学びます。

研修項目:胸腔ドレーン・SBバック・ハマ/輸血/ストレスマネジメント/死後のケア