学会・研究会のお知らせ

診療案内

診療案内

放射線治療

教室紹介

教授紹介

スタッフ紹介

教室沿革

教室業績

研究紹介

共同研究報告書

教室行事

学生・研修医の皆様へ

講義案内

BSL案内

初期研修

後期研修

大学院紹介

研修医の声

Q & A

研修室 研修の成果

同窓会の先生方へ

教室行事・スケジュール

セミナー・カンファランス情報

放射線治療

(弘前大学医学部附属病院放射線科外来パンフレットからの抜粋)

はじめに

本文は「放射線治療」について「どんな治療なのか」といった疑間をできるだけわかりやすく説明したものです。毎日の治療は熱くも痛くもありませんが、放射線治療は決められた回数の治療を終えて、はじめて一定の効果がでるもので、ひとによって異なりますが約1~2カ月の治療期間が必要です。治療中わからないことや心配なことがありましたら、遠慮せずになんでも医師や技師、看護婦に尋ねてください。

「放射線=恐ろしいもの」というまちがった理解をしていませんか?放射線は正しく使えば、少ない副作用で病気の治療に効果を上げることができます。まずはじめに放射線についての正しい知識を身につけましょう。

放射線とは

放射線は空気を伝わるエネルギーの一種で、発生する方法によって様々な種類があります。これらはいずれも目には見えず、からだに感じることもできませんので、放射線を野放しにすると、白分でも気づかないうちに被曝するおそれがでてきます。これが一般に恐ろしいといわれる所以ですが、放射線治療では治療が必要な部位以外にはほとんど放射線はあたりませんのでご安心下さい。

放射線の歴史

放射線は1895年にレントゲン博士によって発見されましたが、その翌年にはすでに最初の放射線治療が行われています。当時使用された放射線はエネルギーが弱く、からだの表面しか治療できないものでしたが、現在では治療部位の深さに応じて十分なエネルギーの放射線を発生する装置が開発され、からだのあらゆる部位を治療することが可能になりました。また、それと同時に放射線の照準の技術も大きく進歩し、必要な場所に必要な量の放射線を正確に照射することができるようになっています。

放射線の種類

病気の治療に使われる放射線のうち主なものは「電子線」「エックス線」「ガンマ線」の3種類です。

  1. 「電子線」は文字どおりで電子の粒の流れです。他の放射線と違って電子線はからだの中で、ある一定の深さより奥には入らない性質をもっていますので、皮膚などのからだの浅い部分を治療するのによく使われます。
  2. 「エックス線」は主にライナックという装置で発生される放射線です。エックス線はからだを通過しますので、大きいエネルギーのエックス線は脳や肺、骨など深いところの病気を治療するのに使われ、小さいエネルギーのエックス線はくび、のどや乳房の治療に使われます。
  3. 「ガンマ線」はコバルト60という放射性同位元素から出る放射線で、小さいエネルギーのエックス線と同じように使われていましたが、現在では、全国的にコバルト治療装置を使っているところはなくなりつつあります。当院でもコバルト治療装置は使っておりません。

以上の3種類の放射線はどれも病気に対する効果は同じです。

どうして放射線で病気をなおせるのでしょうか?

放射線は目に見えず、からだにあたっても何も感じませんが、からだの中の細胞を殺す作用をもっています。正常な細胞は放射線によってダメージを受けてもそのダメージから回復する力をもっていますが、これに対し、病気の細胞はダメージから回復する力が小さいのです。この回復の差は放射線を少しずつ毎日に分けてかけることによりさらに大きな差となり、放射線でダメージを受けた細胞のうち正常な細胞だけが生き残ることになるのです。

放射線照射の方法

放射線治療には大きく分けてからだの外から放射線をあてる外部照射と、からだの中に放射線の出る物質を入れて、からだの中から放射線をあてる内部照射があります。

  • 外部照射とは
    放射線治療を受ける患者さんのほとんどは、外部照射を受けることになります。からだの外から放射線をからだに傷をつけず、痛みもなくあてることができます。前述のライナックで発生するX線を使いますが、治療する部位の深さによってあなたに最適なエネルギーのX線が選ばれます。
  • 内部照射とは
    内部照射では、直接患部に放射線を発生する針等を入れる場合もありますし、管を入れてその後から放射線の線源を入れる場合や放射性物質を飲む場合もあります。いずれの場合でも、入院して治療を受けていただきますので、入院後に改めて詳しく説明させていただきます。

放射線治療スタッフ

放射線治療は放射線治療医、放射線治療技師、そして看護婦が共同して行います。

  • 放射線治療医
    あなたのからだの診察所見や様々の検査結果をもとに、放射線治療の方針を決定します。定期的にあなたを診察し、必要に応じて処置を行います。
  • 放射線治療技師
    放射線治療方針に従って放射線を照射するのが放射線治療技師の役割です。患部だけに正確に放射線を照射します。
  • 看護婦
    治療期間を通してあなたのお世話をします。医師に聞きにくいことでも、なんなりとご相談下さい。

放射線治療の進め方

放射線治療には大きく分けて「診察」「治療計画」「照射」そして「経過観察」の4つのステップがあります。

診察は放射線科外来で行います。放射線治療医があなたを診察し、また種々の検査結果を参考にして治療方針(どの部位に、どの装置を使って、どのくらい放射線を照射するのか)を決定します。

治療計画とは、実際に放射線を照射する前に、最適な範囲や方向を決めるためのものです。治療を毎回同じ姿勢で行うために、からだの一部を固定するための道具を作成したり、CTシミュレータという装置でCTを撮り、そのCT画像で確認される病巣に対して、治療計画用コンピュータでどのように照射すれば最良かを計算し、治療箇所を決定します。

治療箇所を同定するために、あなたの治療部位の皮膚にマジックでしるしをつけますが、消えないようにご注意下さい。治療計画に要する時間は患者さんによって異なりますが、約1時間前後で終了し、いよいよ「放射線の照射」になります。

治療室内には患者さん以外は入れませんが、治療中の様子はテレビモニターで操作室の技師が見ていますので心配いりません。また、マイクを通して会話もできますので、具合の悪いことがあれぱ合図するか、声でお知らせ下さい。
1回目の治療には少々時間がかかることがありますが、普段の治療は1部位につき10分位で、そのうち実際に放射線が照射されているのは、数十秒から5分程度です。治療部位を出しやすい服装にしていただくと、スムーズに進めることができます。

からだに放射線があたっても痛みや熱さはありませんので、照射中は動かないようにして下さい。照射中にからだが動きますと、患部に十分な放射線があたらなかったり、まわりの正常部分に悪影響を及ぽす可能性があります。もともとの病気のために痛くてじっとしていられない方は、あらかじめ申し出て下さい。また、照射中に機械が回転する場合もありますが、決してあなたに触れることはありませんのでご安心下さい。

放射線治療は決められた回数の治療を終えて、はじめて一定の効果が出るものです。途中でやめてしまうと効果があらわれないばかりではなく、その後の治療に支障をきたすことにもなりますので、決められた治療の回数を受けるようにしましょう。

診察は放射線科外来で行います。放射線治療医があなたを診察し、また種々の検査結果を参考にして治療方針(どの部位に、どの装置を使って、どのくらい放射線を照射するのか)を決定します。

放射線治療にはどんな副作用があるのですか?

治療装置、治療技術、治療方法の発達した現在では、以前と比較して放射線治療に伴う副作用は明かに軽減されています。しかし、治療が必要な病変部周囲の正常な部分がどうしても照射範囲に含まれるために、ある程度の副作用の発生は避けられないのです。

放射線治療の副作用には2種類あり、ひとつは治療をしている間に起るもので、急性反応といいます。もうひとつは治療が終わって半年以降に起こってくるもので晩期反応といいます。治療中に起こる反応は一時的なもので治療が終われば改善します。(つらいときは症状に応じた処置をしたり、治療を数日休むことで改善してきます。)

一方、晩期反応は一般に症状が出現するとなかなか治りにくいものもあります。急性反応が強いからといって晩期反応が強いという訳ではありません。これらの反応は患者さんによって異なりますので、改めてご説明いたします。

治療を受けている部分の皮膚について

照射を受けている部位の皮膚には、治療にともなって以下のような変化が起こることがあります。これらの変化は、多くの場合治療が終了して1~2カ月すると元に戻りますが、少し着色する時もあります。

  1. 日焼けの時のように皮膚が赤くなります
  2. カサカサして痒くなってきます
  3. 皮膚かジクジクしてきます
    水ぶくれのようになる場合もあります

次のようなことに注意して下さい。

  • こすったり掻いたりしてはいけません。
  • 治療部位をきつく締めつけるような服装はやめましょう。
    また、皮膚の保護のためすれることの少ない布を使用しましょう。
    当科では絹の着用をすすめています。
  • 治療部位は直射日光に当てないようにしましょう。
  • 入浴や照射部位への軟膏、湿布は医師に相談して下さい

 

このページのトップへ戻る