HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    薬剤部
  診療科等紹介TOPへ



新岡 丈典

  部長
  新岡 丈典
  副部長
  下山 律子
  副部長
  工藤 正純

 

  受付窓口
   外来診療棟 1階・地下 1階

  外来診療棟の案内図へ
  外来診療棟のご案内に移動します。

         


 
         
 
組  織 セントラル部門:調剤、薬品管理、麻薬管理、製剤、TPN・抗がん剤調製、
薬剤管理指導、持参薬管理、医薬品情報収集・提供、
血中濃度モニタリング、薬務
 
サテライト部門:医療安全推進(GRM)、外来化学療法支援、臨床試験管理
スタッフ 薬剤師 28名   助手 9名

 がん指導薬剤師(日本医療薬学会) : 1名
 がん専門薬剤師(日本医療薬学会) : 2名
 感染制御専門薬剤師(日本病院薬剤師会) : 2名
 感染制御認定薬剤師(日本病院薬剤師会) : 1名
 Infection control doctor (ICD制度協議会) : 1名
 日本糖尿病療養指導士(日本糖尿病療養指導士認定機構) : 2名
 日本医療薬学会認定薬剤師 : 1名
 日本医療薬学会指導薬剤師 : 1名
 日本薬剤師研修センター研修認定薬剤師 : 1名
 日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師 : 3名
 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師 : 13名
 日本病院薬剤師会認定指導薬剤師 : 4名

 医療安全文化の醸成を図るため、薬剤部では医薬品の適正管理や適正使用の支援に力を注いでいます。医薬品が患者さんに投与されるまで、そして投与後における安全性を確保するため、多職種と連携しながら様々な活動を実施しています。
 


 

         
 
・医薬品の安全管理
 医薬品が関連した医療事故を未然に防ぐためには、どのような予防策が有効か常に考えながら、医薬品の採用、
保管、調剤・調製を実践しています。
 医薬品の使用状況の把握や有用な情報の収集を頻繁に行い、最新の医薬品安全情報を発信しています。

・薬物療法の支援
 不適切な薬物の併用や重複投与が起きないよう、服薬指導や持参薬管理を通じて、患者さんの服薬アドヒアランス
向上に努 めています。
 ハイリスクな薬物の血中濃度モニタリングを実施し、個々の患者さんに対して最適な投与計画を立案しています。

・チーム医療への参画
 がん薬物療法の安全性確保のための活動や、感染制御のための活動に積極的に参加し、抗がん剤や抗菌薬の適正使用
の推進を図っています。
 院外にも活動の場を広げ、他施設の医療スタッフとも連携を図りながら、地域医療の貢献に努めています。
 

 


 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.