HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    感染制御センター
  診療科等紹介TOPへ


萱場 広之


  センター長
  萱場 広之
  副センター長
  齋藤 紀先

 


  受付窓口
   外来診療棟 2階

  外来診療棟配置図へ
 

     


 
         
 
 感染制御センターは、医療関連感染対策を実践し、患者さん及び病院教職員に対して安全で快適な医療環境を提供することを目的に、平成15年に設置されました。医療関連感染対策には迅速性、有効性、科学性、経済性、機動性(病院内外との連携)などの様々な要素が求められ、病院全体が一致協力して対応する必要があります。そのため、メンバーは、病院長の任命を受けた医師、看護師、臨床検査技師、薬剤師、栄養士、事務職員、その他センター長が必要と認めた者から構成されています。院内感染対策に関する議決を行う本院の最高レベルの組織である感染対策委員会のもと、感染制御センター、感染制御チームが日常の課題に対処しています。  
 


 

         
 
感染制御センターでは、具体的に以下のような業務を行っています。


(1) 院内感染発生のサーベイランス
分離菌・耐性菌検出状況、薬剤感受性成績のサーベイランスを行っています。常時MRSA、緑膿菌、アシネトバクター、セラチア、ESBL菌のサーベイランスを行い、院内感染のアウトブレイク時には、各診療科スタッフと対応を検討します。
抗菌薬の適正使用のため、カルバペネム系薬と抗MRSA薬について使用状況のサーベイランスを行っています。
針刺し・切創、皮膚・粘膜汚染のサーベイランスを行っています。

(2) 院内感染防止の教育、研修の実施
毎週、全病棟、中央診療施設等及び外来各所は年1回以上感染制御チーム他で、院内ラウンドし各部署の感染対策を確認しています。
年5回程度、職種横断的に医療関連感染に関する研修会を企画しています。
感染対策情報誌「感染対策それは愛」を発行しています。
医師、研修医、看護師、臨床検査技師、薬剤師、外部委託業者などの入職時の初期研修・オリエンテーション、各職種別研修会を行っています。

(3) 院内感染防止マニュアルの作成
各種の院内感染対策マニュアルの作成し、見直しを行っています。


(4) 抗菌適性使用のため、抗菌薬適正使用チームを組織し、院内外よりコンサルテーション等の対応をしています。

(5) 医療圏内の感染制御活動・地域感染制御ネットワークを通じた活動を行っています。
詳しくは、青森県感染対策協議会(AICON)Webページをご覧ください。
http://www.aicon-ict.com/

(6) 国公立大学附属病院感染対策協議会に参加し、全国的な活動とサーベランス等に参加しています。

(7) 学術誌、マスメディア等を通じて感染制御に関する情報発信を行っています。
 

 


 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.