院内専用ページ  サイトマップ  English  
病院概要 診療科等のご紹介 外来のご案内 入院のご案内 施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設
 


    医療安全推進室
  診療科等のご紹介TOPへ



大コ 和之

  室長
  大コ 和之
  副室長
  山内 寿子
  副室長
  照井 一史
  室員
  堀内 大輔
 

  受付窓口
   中央診療棟 2階

  中央診療施設の案内図へ
  入院病棟のご案内に移動します。
     


 
         
 
 医療安全推進室は、医療事故等の防止と医療の安全性の確保を目的に、平成13年6月に設置されました。平成18年4月には病院長直属の組織として位置づけられ、全病院的に強力に医療安全活動を推進していく体制が整いました。現在は7名のスタッフで運営されています。構成は、専従のリスクマネージャー3名(医師1名、看護師1名、薬剤師1名)、医師1名、事務職員3名(うち院内保安員1名)。このほかに、医師1名、看護師2名、薬剤師1名、検査技師1名、放射線技師1名、臨床工学技士1名、事務職員1名が兼任で医療安全推進室の業務に関わっています。
 


 

         
 
 主な業務として、各部署から報告される、医療事故につながる恐れがあるインシデント(ヒヤリ・ハット)を収集・分析して現場にフィードバックすることにより、重大な医療事故の発生を防ぐ努力をしています。また、医療現場に潜むリスクをいち早くとらえて医療環境の整備を行うことを目的に、安全点検の巡回(安全パトロール)を実施しています。さらに、事故防止対策を中心とした医療安全管理マニュアルの作成やシステムの見直しなども行っています。患者さんに有害な事象が発生した場合には、直ちに調査を開始し、必要に応じて調査委員会を設けて、分析と対策にあたります。事故を未然に防ぐためには、全職員の医療安全に対する意識の向上が不可欠であり、そのための職員に対する医療安全教育を担当しています。具体的には研修会や講演会を企画・運営して職員の参加を呼びかけるとともに、全職員は年に最低2回の出席が義務づけられています。
 質の高い、安全な医療を実践していくためには、患者さんと医療者がよきパートナーとして疾患に向き合うことが必要です。患者さんにも、ご自分が受ける治療内容を十分知っていただき、積極的に医療に参加していただくことが重要です。今後も、医療の安全性の追求と情報の公開は進んでいきます。社会から信頼される医療を提供するために、「患者中心の医療」の実現を目指して活動を続けていきます。
 

 



  プライバシーポリシー  サイトポリシー  
  〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)  
  Copyright 2020 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.