過去の業績

平成30年度

  1. Satoko Minakawa, Takahide Kaneko, Chihiro Hagiwara, Takenori Takahata, Daisuke Sawamura
    Thymus and activation-regulated chemokine elevation and lymphocytosis in a case of diffuse large B-cell lymphoma
    Journal of Cutaneous Immunology and Allergy
    1巻1号 P.41-43, 2018.
  2. 高畑 武功、佐藤 温、陳 豫、斎藤 絢介
    GemcitabineおよびS-1治療抵抗性膵癌に対するWeekly Paclitaxel療法の
    後方視的検討
    癌と化学療法 45巻5号817-821, 2018.
  3. Shunsuke Kato, Hiroo Imai, Makio Gamoh, Takenori Takahata, Hisatsugu Ohori, Katsuhiro Yasuda, Tomohito Niitani, Yasuko Murakawa, Kenji Amagai, Hideki Isobe, Yoshiaki Shindo, Michio Kuroki, Yasuhiro Sakamoto, Hideki Shimodaira, Takashi Yoshioka and Chikashi Ishioka
    Intermittent withdrawal of oxaliplatin for alleviating neurotoxicity during oxaliplatin-based chemotherapy for Japanese patients with inoperable or metastatic colorectal cancer: A phase 2 multicenter study
    THE TOHOKU JOURNAL of EXPERIMENTAL MEDICINE
    245巻1号 P.21-28, 2018.
  4. 田中 康平、佐藤 温、高畑 武功、工藤 文子、斎藤 絢介、陳 豫
    癌化学療法施行患者における安全性評価と苦痛度評価の差異に関する
    患者因子の検討
    癌と化学療法 45巻6号P,955-960,2018.
  5. 中田良子、櫛引美穂子、小笠原脩、高畑武功、斎藤絢介、佐藤温
    嶋緑倫、萱場広之
    食道胃接合部癌の治療中に発症したインヒビター陽性後天性
    von Willebrand症候群の一例
    医学検査 67巻3号  P.379-383,2018.
  6. 高畑 武功、佐藤 温、陳 豫、斎藤 絢介
    GemcitabineおよびS-1治療抵抗性膵癌に対するWeekly Paclitaxel療法の
    後方視的検討
    がん患者と対症療法 13-17 , 2019.
  7. 佐藤 温
    胃がん・大腸がん  一緒に考えましょう,あなたの治療
    ヴァン メディカル 著, 2019.

  8.  

平成29年度

  1. 兵頭 一之介、中島 貴子、篠崎 英司、辻 晃仁、佐藤 温
    Round Table Discussion 進行・再発大腸癌化学療法におけるre-challenge 療法
    大腸がんperspective 3(3):10-16, 2017.
  2. Takuji Okusaka, H. Miyakawa, H. Fujii, S. Nakamori, T. Satoh, Y. Hamamoto, T. Ito, H. Magichi, S. Matsumoto, H. Ueno, T. Ioka, N. boku, S. Egawa, T. Hatori, J. Furuse, K. Mizumoto, S. Ohkawa, T. Yamaguchi, K. Yamao, A. Funakoshi, J. S. Chen, A. L. Cheng, A. Sato, Y. Ohashi, M. Tanaka, on behalf of the GEST group.
    Updated results from GEST study : a randomized, three-arm phase Ⅲ study for advanced pancreatic cancer.
    J Cancer Res Clin Oncol. 143(6):1053-1059, 2017.
  3. Yamada Y, Denda T, Gamoh M, Iwanaga I, Yuki S, Shimodaira H, Nakamura M, Yamaguchi T, Ohori H, Kobayashi K, Tsuda M, Kobayashi Y, Miyamoto Y, Kotake M, Shimada K, Sato A, Morita S, Takahashi S, Komatsu Y, Ishioka C.
    S-1 and irinotecan plus bevacizumab versus mFOLFOX6 or Cape OX
    plus bevacizumab as first-line treatment in patients with metastatic
    colorectal cancer (TRICOLORE): a randomized, open-label, phase 3,
    non-inferiority trial.
    Ann Oncol. 29(3):624-631, 2017.

平成28年度

  1. 佐藤 温
    第2章 胃がん
    ②高齢者に対する胃がん薬物療法の選択
    S-1単独、S-1+CDDP療法
    うまく続ける!消化器がん薬物療法の基本とコツ 52-59, 2016.
  2. Satoko Minakawa, Takahide Kaneko, Chihiro Hagiwara, Takenori Takahata, Daisuke Sawamura.
    A diagnostically challenging case of tuberculous lymphadenitis.
    Dermatologica Sinica 34(4):217-218, 2016.
  3. 佐藤 温、陳 豫、工藤 文子、斎藤 絢介、高畑 武功
    がん化学療法をいつまで続けるか 副作用によるがん化学療法の中止基準
    癌と化学療法 43(7):798-802, 2016.
  4. Satoko Handa, Ryohei Kuroiwa, Masahiro Miyano, Hisanori Shimizu,
    Daisuke Kamei, Hiromi Takei, Hiroko Sonou, Hitomi Yamamoto,
    Jun-ichiro Murayama, Atsushi Sato, Yasuhisa Kato.
    Assessment of Injection Site Reactions for Peripheral Intravenous
    Oxaliplatin Infusion and Potential Remedies.
    Gan To Kagaku Ryoho 43(8):985-988, 2016.
  5. Yasuhiro Hagiwara, Yasuo Ohashi, Takuji Okusaka, Hideki Ueno, Tatsuya Ioka, Narikazu Boku, Shinichi Egawa, Takashi Hatori, Junji Furuse, Kazuhiro Mizumoto, Shinichi Ohkawa, Taketo Yamaguchi, Kenji Yamao, Akihiro Funakoshi, Ann-Lii Cheng, Kiyohiro Kihara, Atsushi Sato, Masao Tanaka.
    Health-related quality of life in a randomized phase Ⅲ study of gemcitabine plus S-1, S-1 alone and gemcitabine alone for locally advanced or metastatic pancreatic cancer:GEST study.
    ESMO Open Cancer Horizons:e000151 2017.

平成27年度

  1. 佐藤 温、斎藤 絢介、高畑 武功
    特集 Second-Line Theraphyの進歩 切除不能進行膵癌のセカンドライン化学療法
    癌と化学療法 42(4):403-407, 2015.
  2. 佐藤 温
    特別寄稿 治癒切除不能な進行・再発の胃癌に対するオキサリプラチンの臨床導入に当たって
    癌と化学療法 42(4):443-446, 2015.
  3. Nakayama N, Sato A, Tanaka S, Shimada K, Konishi K, Sasaki E, Hibi K, Ichikawa H, Kikuchi Y, Sakuyama T, Sekikawa T, Hayashi K, Nishina H.
    A phase Ⅱ study of bevacizumab with modified OPTIMOX1 as first-line therapy for metastatic colorectal cancer:the TCOG-GI 0802 study.
    Invest New Drugs 33(4):954-962, 2015.
  4. Yoshito Komatsu, Chikashi Ishioka, Ken Shimada, Yasuhide Yamada, Makio Gamoh, Atsushi Sato, Tatsuro Yamaguchi, Satoshi Yuki, Satoshi Morita, Shin Takahashi, Rei Goto, Minoru Kurihara.
    Study protocol of the TRICOLORE trial:a randomized phase Ⅲ study of oxaliplatin-based chemotherapy versus combination chemotherapy with S-1,irinotecan,and bevacizumab as first-line therapy for metastatic colorectal cancer.
    BMC Cancer Vol.15 626, 2015.
  5. 照井 一史、佐藤 温
    第5章 抗がん剤投与の実際-安全と基本手技-
    1.がん化学療法を安全に施行するために
    改訂版がん化学療法副作用対策ハンドブック 398-400, 2015.
  6. 佐藤 温
    第6章 患者から質問されたら
    Q1.友人に代替療法を勧められましたが、効くのでしょうか?
    改訂版がん化学療法副作用対策ハンドブック 426-427, 2015.
  7. 佐藤 温
    3これから胃がん薬物治療を行うにあたって
    CQ11 胃がん薬物治療の目的、期待される効果は何か?
    4胃がん薬物治療に用いられるレジメンの種類と特徴は?
    CQ19 CapeOX療法(Cape+L-OHP)をどう使いこなすか?
    CQ25 DTX単剤療法をどう使いこなすか?
    胃がん薬物療法Q&A(編著)2015.
  8. 高畑 武功
    11経済的問題に関するQ&A
    CQ62 高額医療費制度について、医師が知っておくべき事柄は?
    胃がん薬物療法Q&A 169-172, 2015.
  9. 佐藤 温
    Chapter5緩和医療と代替療法 1.緩和医療
    これだけは知っておきたい 胃がん外来化学療法へのアプローチ 95-99, 2016.
  10. 佐藤 温、高畑 武功
    エキスパートの治療法-症例から考える-
    幽門側胃切除後7年後に多発性骨転移を認めた症例
    胃がんperspective 8(3):38-40, 2016.
  11. 佐藤 温
    進行再発胃がんに対するがん化学療法のマネジメント
    胃がんperspective 8(3):62-67, 2016.
  12. 斎藤 絢介、佐藤 温
    特集 肺がん・胃がん・大腸がん―そのファーストラインを終えたら?
    1.ファーストライン化学療法を終えたとき、次治療の選択は?
    臨床腫瘍プラクティス 12(1):5-9 ,2016.
  13. 斎藤 絢介、鈴木 一広、津谷 亮佑、佐藤 和則、斉藤 聡、坂田 優
    胆道出血を伴った結核による感染性動脈瘤の1例
    日本内科学会雑誌 105(2):294-299, 2016.

平成26年度

  1. 佐藤 温
    胃癌術後補助化学療法を完遂させるために
    -副作用へのセルフケアでアドヒアランスを維持-
    ALPHA CLUB 4月号 第382号 2-3, 2014.
  2. 田中 諭、佐藤 温
    第3章 がん患者の栄養障害とその対策
    がん治療による消化管への影響
    3-2 化学療法時 3-2-2 下痢
    がん患者の輸液・栄養療法 74-77, 2014.
  3. 佐藤 温
    Ⅳ.治療 3 がんの薬物療法・緩和医療 支持療法
    消化器病診療(第2版)427-429, 2014.
  4. 高畑 武功、佐藤 温、斎藤 絢介、山形 和史
    Ⅴ.系統別抗がん剤の副作用
    化学療法薬 微小管阻害薬 微小管重合阻害薬
    日本臨牀増刊号 抗がん剤の副作用と支持療法
    より適切な抗がん剤の安全使用をめざして 162-166, 2015.
  5. 佐藤 温、高畑 武功、斎藤 絢介
    Ⅴ.系統別抗がん剤の副作用 化学療法薬 トポイソメラーゼ阻害薬
    Ⅱ型トポイメソラーゼ阻害薬(アントラサイクリン系薬剤)
    日本臨牀増刊号 抗がん剤の副作用と支持療法
    より適切な抗がん剤の安全使用をめざして 178-183, 2015.
  6. 佐藤 温
    第Ⅱ章 消化器がん化学療法の実際
    3-6 消化器がん化学療法の副作用対策 3-6-2 消化管毒性
    オンコロジークリニカルガイド
    消化器がん化学療法 改訂4版 337-344, 2014.
  7. 佐藤 温
    第Ⅱ章 消化器がん化学療法の実際
    3-7 消化器がん化学療法後のサーベイランス
    オンコロジークリニカルガイド
    消化器がん化学療法 改訂4版 381-387, 2014.
  8. 佐藤 温
    第Ⅱ章 各論
    2-2 肝・胆・膵 2-2-3 膵がん
    入門腫瘍内科学 改訂第2版
    日本臨床腫瘍学会監修 169-172 ,2015.
  9. 佐藤 温、平原 佐斗司、奈良林 至
    第Ⅰ章 総論
    1-4 腫瘍学
    緩和医療学 日本緩和医療学会編集 24-30, 2014.
  10. 里見 絵理子、根岸 恵、佐藤 温、有賀 悦子
    第Ⅱ章 主な症状のアセスメントとマネジメント
    3-8 下痢
    緩和医療学 日本緩和医療学会編集 133-141, 2014.

平成25年度

  1. 田中 諭、石黒 敦、高畑 武功、佐藤 温
    副作用対策のコツとピットフォール 癌治療による下痢とその対策
    外来癌化学療法 4(1):38-40, 2013.  
  2. 佐藤 温、高畑 武功、花田 直之、田中 諭
    【胃がん薬物治療の将来に向けて】ここが知りたい胃がん薬物療法
    現場ではどう対応しているのか?ガイドラインで推奨されている薬を使い切った患者
    臨床腫瘍プラクティス 9(2):162-168, 2013.
  3. Ruowen Sun, Qiliang Zhou, Xulu Ye, Takenori Takahata, Atsushi Ishiguro, Hiroshi Kijima, Toshihiro Nukiwa, Yasuo Saijo.
    A change in the number of CCSP/SPC cells in mouse lung during
    development, growth, and repair.
    Respiratory Investigation 51(4):229-240, 2013.
  4. 脇屋 太一、豊木 嘉一、石戸 圭之輔、工藤 大輔、木村 憲央、矢越 雄太、
    石黒 敦、高畑 武功、佐藤 温、袴田 健一
    肺転移を伴う切除不能胆管癌に対して化学療法が著効した1例
    癌と化学療法 40(12):1753-1755, 2013.
  5. Ooki A, Ando M, Sakamoto J, Sato A, Fujii H, Yamaguchi K.
    A Prospective observational study to examine the relationship between quality of Life and adverse events of first-line chemotherapy plus cetuximab in patients with KRAS wild-type unresectable metastatic colorectal cancer:QUACK Trial.
    Japan Jouenal Clinical Oncology 44(4):383-387, 2014.
  6. Yamaguchi K, Sawaki A, Doi T, Sato T, Yamada Y, Omuro Y, Nishina T, Boku N, Chin K, Hamamoto Y, Takiuchi H, Komatsu Y, Saji S, Koizumi W, Miyata Y, Sato A, Baba E, Tamura T, Abe T, Ohtsu A.
    Efficacy and safety of capecitabine plus cisplatin in Japanese patients with advanced or metastatic gastric cancer.subset analyses of the AVAGAST study and the ToGA study. 
    Gastric Cancer 16(2):175-182, 2013.
  7. 佐藤 温
    【薬が分かる!ケアにいかせる!これだけは抑えておきたい がん化学療法の薬 抗がん剤・ホルモン剤・分子標的薬早調べノート】微小管阻害薬(タキサン)ドセタキセル
    プロフェッショナルがんナーシング(2185-7318) 2013別冊 142-143, 146-147, 2013.
  8. 佐藤 温
    G-CSFの基礎と臨床 1.化学療法後の好中球減少症 4)消化器がん
  9. 清水 久範、佐藤 温
    持続点滴静注法 ー持続点滴vs急速静注 間欠投与ー
    抗がん薬の臨床薬理 634-646, 2013.
  10. 佐藤 温
    がん化学療法を受ける患者の副作用症状の緩和とその考え方についての一考察
    緩和ケア 24(1):11-15, 2014.
  11. 佐藤 温
    胃癌術後補助化学療法を完遂させるために
    ー患者の主体的な服薬(アドヒアランス)が完遂に導くー
    ALPHA CLUB 3月号 第381号 2-3, 2014.

平成24年度

  1. 佐藤 温、会田 龍治
    がんの悩み相談室 進行・再発胃がん(Q&A) 
    ライフライン21 がんの先進医療 6 33-35, 2012.
  2. 佐藤 温、高畑 武功、石黒 敦、田中 諭
    【消化器がん化学療法レジメン】胃がん 胃がん化学療法 レジメン選択の基本
    臨床腫瘍プラクティス(1880-3083)別冊II 35-39, 2012.   
  3. 佐藤 温
    Ⅰ.総論<専門医の立場から>治療ガイドラインから見る、胃癌薬物療法
    平成24年度通信教育講座 診療ガイドライン・薬剤コース 第5回 胃がん-補助化学療法の向上を目指して-
  4. 佐藤 温、高畑 武功、石黒 敦、田中 諭
    【臨床現場が知りたい大腸がん薬物治療】
    Key Drugを使い切った後のレジメン選択の考え方
    -Key Drug以外の薬剤を使用した治療
    臨床腫瘍プラクティス 8(4):385-389, 2012.
  5. 今高 博美、佐藤 温、濱田 和幸、武田 純一、根本 洋
    S-1/Docetaxel療法が有効であったDICを伴った胃癌多発骨転移の1例
    癌と化学療法 40(2):241-243, 2013.
  6. 田中 諭、石黒 敦、高畑 武功、佐藤 温
    副作用対策のコツとピットフォール 癌治療による下痢とその対策
    外来癌化学療法 4(1):38-40, 2013.

平成23年度

  1. Shimoyama T, Sawaya M, Ishiguro A, Hanabata N, Yoshimura T, Fukuda S.
    Applicability of a rapid stool antigen test, using monoclonal antibody to catalase, for the management of Helicobacter pylori infection.
    J Gastroenterol 46(4):487-491, 2011.
  2. Suzuki K, Sun R, Origuchi M, Kanehira M, Takahata T, Itoh J, Umezawa A, Kijima H, Fukuda S, Saijo Y.
    Mesenchymal Stromal Cells Promote Tumor Growth Through the Enhancement of Neovascularization.
    Molecular Medicine 17(7-8):579-587, 2011.
  3. Takahata T, Itoh J, Satoh T, Ishiguro A, Matsumoto Y, Tanaka S, Saitoh S, Tohno H, Fukuda S, Saijo Y, Sakata Y.
    Sequential irinotecan hydrochloride/S-1 for S-1-resistant inoperable gastric cancer: A feasibility study.
    ONCOLOGY LETTERS 3(1):89-93, 2012.
  4. Hanada N, Takahata T, Zhou Q, Ye X, Sun R ,Itoh J, Ishiguro A, Kijima H, Itoh K, Fukuda S, Saijo Y.
    Methylation of the KEAP1 gene promoter region in human colorectal cancer.
    BMC Cancer 12:66, 2012.
  5. 石黒 敦、西條 康夫
    がん化学療法の効果判定基準の再考
    化学療法の領域 27(増刊号):25-33, 2011.
  6. 林 彰仁、西條 康夫
    肺がん 分子標的治療薬
    がん治療レクチャー 2(2):387-391, 2011.
  7. 當麻 景章、西條 康夫
    新しい肺癌診療:ガイドラインの考え方
    カレントテラピー 29(11):052, 2011.
  8. 石黒 敦、高畑 武功、松本 吉史、田中 諭、伊東 重豪、
    川崎 仁、工藤 康之、鬼島 宏、嶋谷 泉、西條 康夫
    mDCF療法が奏効し治癒手術を施行し得た経口摂取不能胃癌の1例
    癌と化学療法 39(3);465-467, 2012.

平成22年度

  1. 佐藤 淳也、照井 一史、粟津 朱美、小山 基、伊東 重豪、西條 康夫、早狩 誠
    携帯型インフーザーポンプを使用した5-FU持続投与コンプライアンスの調査
    癌と化学療法 37(4):671-675, 2010.
  2. 西條 康夫
    肺のstem cellと肺癌
    Medical Practice 27(1):1177-1179, 2010.
  3. 西條 康夫
    疾患群の遺伝学的検査と遺伝子検査
    日本臨牀-呼吸器疾患 遺伝子診療学(第2版)68:374-377, 2010.
  4. 石黒 敦、高畑 武功、廣瀬 勝巳、松本 吉史、田中 諭、鈴木 一広、花田 直之、伊東 重豪、川崎 仁司、鬼島 宏、福田 眞作、西條 康夫
    セカンドライン化学療法(CPT-11+CDDP)が奏功した胃扁平上皮癌の1例
    癌と化学療法 37(8):1579-1582, 2010.
  5. 伊東 重豪
    がん患者への支持療法-腫瘍崩壊症候群に対してどう対応すべきか
    臨床腫瘍プラクティス 6(3):307-310, 2010.
  6. 伊東 重豪
    がん治療最前線-悪性リンパ腫
    がん治療レクチャー 1(1):181-185, 2010.
  7. 西條 康夫
    呼吸器幹細胞研究のcutting sdge
    分子呼吸器病 15(1):69-72, 2011.
  8. Makoto Maemondo, Akira Inoue, Kunihiko Kobayashi, Shunichi Sugawara, Satoshi Oizumi, Hiroshi Isobe, Akihiko Gemma, Masao Harada, Hirohisa Yoshizawa, Ichiro Kinoshita, Yuka Fujita, Shoji Okinaga, Haruto Hirano, Kozo Yoshimori, Toshiyuki Harada, Takashi Ogura, Masahiro Ando, Hitoshi Miyazawa, Tomoaki Tanaka, Yasuo Saijo, Koichi Hagiwara, Satoshi Morita, and Toshihiro Nukiwa for the North-East Japan Study Group.
    Gefitinib or chemotherapy for non-small cell lung cancer with mutated EGFR.
    The New England Journal of Medicine 362(25):2380-2388, 2010.
  9. Ahmed M Katsha, Shinya Ohkouchi, Hong Xin, Masahiko Kanehira, Ruowen Sun, Toshihiro Nukiwa, Yasuo Saijo.
    Paracrine factors from Mesenchymal Stem Cells ameliorate lung injuries in elastase induced emphysema.
    Molecular Therapy 19(1):196-203, 2011.
  10. Kazufumi Trerui, Takenori Takahata, Junya Sato, Atsushi Ishiguro, Jugoh Itoh, Makoto Hayakari, Yasuo Saijo.
    Enhancement of Warfarin Anticoagulant Activity by S-1.
    Hirosaki Medical Journal. 62(1):80-85, 2011.
  11. Kazuhiro Suzuki, Ruowen Sun, Makoto Origuchi, Masahiko Kanehira, Takenori Takahata, Jugoh Itoh ,Akihiro Umezawa, Hiroshi Kijima, Shinsaku Fukuda, Yasuo Saijo.
    Mesenchymal stromal cells promote tumor growth through the enhancement of neovascularization.
    Molecular Medicine 17(7-8):579-587, 2011.
  12. Hajime Asahina, Satoshi Oizumi, Akira Inoue, Ichiro Kinoshita, Takashi Ishida, Yuka Fujita, Noriaki Sukoh, Masao Harada, Makoto Maemondo, Yasuo Saijo, Hirotoshi Dosaka-Akita, Hiroshi Isobe, Toshihiro Nukiwa, Masaharu Nishimura on behalf of the Hokkaido Lung Cancer Clinical Study Group.
    Phase Ⅱ study of gefitinib readministration in patients with advanced non-small cell lung cancer and previous response to gefitinib.
    Oncology 79(5-6):423-429, 2011.

平成21年度

  1. 伊東 重豪
    悪性リンパ腫のセカンドライン化学療法
    臨床腫瘍プラクティス 5(3):267-271
  2. 佐藤 淳也、照井 一史、粟津 朱美、伊東 重豪、西條 康夫
    外来化学療法における患者満足度の変遷-2005年と2008年の比較-
    癌と化学療法 36(11):1935-1939, 2009.
  3. Hong Xin, Ruowen Sun, Masahiko Kanehira, Takenori Takahata, Jugoh Itoh, Hiroyuki Mizuguchi, Yasuo Saijo.
    Intratracheal delivery of CX3CL1-expressing mesenchymal stem cells to multiple lung tumors.
    Molecular Medicine 15(9-10):321-327, 2009.
  4. 伊東 重豪、西條 康夫
    造血障害
    がん化学療法・分子標的治療update 528-530, 2009.

平成20年度

  1. 西條 康夫
    肺がん伸展期病態と対症療法
    モダンフィシジャン 28 2008.
  2. 西條 康夫
    肺癌と幹細胞
    医学のあゆみ 224(13):999-1003, 2008.
  3. 川口 章吾、石黒 敦、鈴木 一広、花田 直之、高畑 武功、伊東 重豪、谷口 啓、福田 眞作
    Trousseau症候群を来した胃癌の1例
    癌と化学療法 36(2):317-320, 2009.
  4. Gen Yoshiya, Takenori Takahata, Naoyuki Hanada, Kazuhiro Suzuki, Ayako Ishiguro, Masato Saito, Mutsuo Sasaki, Shinsaku Fukuda.
    Influence of cancer-related gene polymorphisms on clinicopathological features in colorectal cancer.
    J Gastroenterol Hepatol 23(6):948-953, 2008.
  5. Akira Inoue, Shunichi Sugawara, Koichi Yamazaki, Makoto Maemondo, Toshihiro Suzuki, Kazunori Gomi, Shingo Takanashi, Chieko Inoue, Minoru Inage, Hiroshi Yokouchi, Hiroshi Watanabe, Toumei Tsukamoto, Yasuo Saijo, Osamu Ishimoto, Fumihiro Hommura, Toshihiro Nukiwa.
    Randomized phase 2 Trial comparing amrubicin with topotecan in patients with previously treated small-cell lung cancer:North Japan Lung Cancer Study Group Trial 0402.
    J Clinical Oncology 26(33):5401-5406, 2008.
  6. Akira Inoue, Hong Xin, Takuji Suzuki, Masahiko Kanehira, Yoshio Kuroki, Tatsuro Fukuhara, Toshiaki Kikuchi, Makoto Maemondo, Toshihiko Nukiwa, Yasuo Saijo.
    Suppression of surfactant protein-A by an epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor exacerbates lung inflammation.
    Cancer Science 99(8):1679-1684, 2008.
  7. Masaru Narabayashi, Yasuo Saijo, Seiichi Takenoshita, Masayuki Chiba, Naohito Shimoyama, Takeshi Miura, Kazuhiko Tani, Kousuke Nishimura, Yusuke,Onozawa, Toyoshi Hosokawa, Toshiyuki Kamoto, Tomoyasu Tsushima.
    Opioid rotation from oral morphine to oral oxycodone in cancer patients with intolerable adverse effects:an open-label trial.
    J Clinical Oncology 38(4):296-304, 2008.
  8. Akira Inoue, Kunihiro Kobayashi, Kazuhiro Usui, Makoto Maemondo, Shoji Okinaga, Iwao Mikami, Masahiro Ando, Koichi Yamazaki, Yasuo Saijo, Akihiko Gemma, Hitoshi Miyazawa, Tomoaki Tanaka, Kenji Ikebuchi, Toshihiro Nukiwa, Satoshi Morita, Koichi Hagiwara.
    First-line gefitinib for patients with advanced non-small-cell lung cancer patients harboring epidermal growth factor receptor mutations without indication for chemotherapy.
    J Clinical Oncology 27(9):1394-1400, 2009.