研修プログラム

初期研修プログラム

 弘前大学医学部附属病院卒後臨床研修プログラムの選択の選択科目として、腫瘍内科を2~3ヶ月研修して頂きます。

研修目標 消化器癌・呼吸器癌および悪性リンパ腫の診断、治療についての体系的な知識を身につけるとともに、抗癌剤の適正使用、副作用についての知識を身につける。終末期医療を理解し、身体的なケアと同時に心理的なケアの重要性を理解する。
研修内容 主治医グループの一員として、種々のがん腫に対する化学療法を経験し、化学療法の効果および有害事象について理解できるように研修を行う。

後期研修プログラム

 弘前大学医学部附属病院腫瘍内科シニアレジデントコース(卒後3~5年目)。

研修目標 内科認定医、がん治療認定医、がん薬物療法専門医取得を目標とする。同時に、可能な限り大学院に入学し、医学博士の取得を目標とする。
研修内容

日本臨床腫瘍学会で定めた「がん薬物療法専門医のための研究カリキュラム」に則った研修を行う。当科の研修上の最大の特徴として元々消化器血液膠原病内かから独立した科であるため、消化器・呼吸器のみならず、血液系腫瘍の症例も数多く担当できることが挙げられる。具体的な研修内容を以下に挙げる。

1.非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫、胃癌、食道癌、大腸癌、胆道癌、膵臓癌、悪性中皮腫、原発不明がんの化学療法を主治医として経験する。また消化器血液膠原病内かへのローテーとにより白血病、肝細胞癌の治療を主治医グループの一員として経験する。

2.化学療法を受ける患者の全身状態を把握し、有害事象に対応し、臓器障害を含めた状態に合わせた化学療法の修正を行う。

3.癌のインフォームドコンセントや、終末期医療を主治医として経験する。

研修関連病院

●青森県立中央病院

(地域がん診療連携拠点病院、県がん診療連携拠点病院、日本臨床腫瘍学会研修施設、がん治療認定医機構認定研修施設)

●三沢市立三沢病院

(地域がん診療連携拠点病院、日本臨床腫瘍学会研修施設、がん治療認定医機構認定研修施設)

●八戸市立市民病院

(地域がん診療連携拠点病院、がん治療認定医機構認定研修施設)

●大館市立総合病院

(日本臨床腫瘍学会研修施設、がん治療認定医機構認定研修施設)

専門研修プログラム

 院内および関連病院での専門分野の研修となります。詳細は以下のページをご覧ください。

専門研修プログラムの詳細はこちら

問い合わせ先

 研修責任者:高畑武功(講師)

 〒036-8567 弘前市在府町5

 弘前大学大学院医学研究科 腫瘍内科学講座

 TEL : 0172-39-5346 FAX : 0172-39-5347

 Email : shuyo@hirosaki-u.ac.jp