HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    臨床試験管理センター
  診療科等紹介TOPへ



佐藤  温

  センター長
  佐藤 温
  副センター長
  東海林 幹夫

  受付窓口
   外来診療棟 地下1階

  外来診療棟の案内図へ
  外来診療棟のご案内に移動します。


 
         
 
組  織
  先進医療支援部門
  治験支援部門
  センター事務局
スタッフ
  センター長(兼任) 1名
  副センター長(兼任) 1名
  事務部門 6名
  CRC(治験担当)先進医療含む 5名
  データマネージャー(兼任) 1名
 新規医薬品・医療機器などの開発では、実際に患者さんに使用していただき、その有効性と安全性を確認するという臨床試験(治験)が必ず必要になります。臨床試験管理センターは、患者さん・本院の治験実施者・企業などの治験依頼者の間を調整する要として、質の高い治験の安全かつ適正な実施に貢献します。
 大学病院は、「教育」、「診療」そして「研究」をその使命とします。臨床試験管理センターは、世界的に進むエビデンスに基づいた標準医療(evidence based medicine: EBM)に必要な科学的根拠を確立し、世界に発信すべく、科学的に適正な臨床研究を円滑に実施するための体制整備を進めています。  
 


 

         
 
 治験では、有効性が正確に評価されると同時に、患者さんの安全を最大限に確保することが求められます。臨床試験管理センターでは、治験の計画等を十分に検討し、患者さんへの細やかなケア、治験実施者・治験依頼者への迅速・柔軟な対応を常に心がけて活動しています。また、治験薬等の性質を正確に把握し、適切な管理・使用を通じて、患者さんの安全の確保に努めると同時に、治験薬等の有効性の正確な評価に貢献しています。
 臨床研究では、ヒトを対象に観察ないし介入を行い、治療法や予防法といった臨床技術の有用性を科学的に評価することが目的となります。質の高い臨床研究とは、適切な計画が企画立案され、倫理指針に準拠して実施され、得られたデータの信頼性が担保された研究である、といえます。しかしながら、多忙な研究者(医師)のみでは質の高い臨床研究の実施は困難であり、CRC、データマネジャー、事務等による臨床研究の支援が重要となってきます。当センターのスタッフは、院内各部署と連携し、臨床研究を円滑に実施しその科学性を担保するための業務を行っています。
 



臨床試験管理センター http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~ckadmin/homepage/top.htm




〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)

Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.