院内専用ページ  サイトマップ  English  
病院概要 診療科等のご紹介 外来のご案内 入院のご案内 医療関係の皆様へ フロア案内 交通アクセス
  ホーム > 診療科等のご紹介 > 診療科 > 高度救命救急センター,救急科

 
 
診療科等のご紹介
 診療科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
循環器内科
呼吸器内科
腎臓内科
内分泌内科
糖尿病代謝内科
感染症科
脳神経内科
腫瘍内科
神経科精神科
小児科
呼吸器外科
心臓血管外科
消化器外科
乳腺外科
甲状腺外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科頭頸部外科
放射線治療科
放射線診断科
産科婦人科
麻酔科
脳神経外科
形成外科
小児外科
歯科口腔外科
病理診断科
救急科
リハビリテーション科
 中央診療施設等
 薬剤部
 看護部
 医療技術部
 医療安全推進室
 感染制御センター
 事務部
    高度救命救急センター/救急科

 
 

花田 裕之
センター長
科長
花田 裕之
副センター長 伊藤 勝博
副センター長
総医長
病棟医長
横田 貴志
外来医長 長谷川 聖子
   
外来 高度救命救急センター
入院病棟 高度救命救急センター
第二病棟4階


特徴・特色のある診療

 当科は青森県で唯一の高度救命救急センターに指定されており、生命にかかわる病気や外傷、熱傷、中毒など幅広い重症例の診療を24時間体制で行っています。対象は、救急車やドクターヘリにより搬送されてきた方や他の病院で治療が難しい患者さんです。大学病院が有する高度な診療能力を発揮するために院内の各科と連携をとりながら、最新の治療を提供できる体制をとっています。また、地域の消防本部と緊密な連携を保ちながら、質の高い医療サービスを提供し、青森県の救急医療の最後の砦として県民の方々が安心して暮らせるよう努力しています。

 
部門の特徴・特色

  • 高度救命救急センター
外来診療棟の上には融雪・照明装置付きのヘリポートがあり、青森県全域や秋田県からの重症例を受け入れています。センター内には3例同時に診療できる初療室があり、素早く診断を行うためのエックス線装置、CT、超音波診断装置、血液検査室が備わっています。集中治療ベッドは10床あり、 最新の医療機器で高度な集中治療を提供しています。
  • 緊急被ばく医療
国から原子力災害医療・総合支援センターならびに高度被ばく医療支援センターの指定を受けており、常に被ばく医療に対応できるような診療体制ならびに設備を備えています。
  • 災害医療
基幹災害拠点病院に指定されており、災害発生時に被災地に派遣する災害派遣医療チーム(DMAT)を組織し、常日頃から災害時の派遣に備えています。 災害被ばく医療教育センターと共に、災害教育も力を入れています。

 
外来担当医師及び専門分野

氏  名 職名等 専門分野
花田 裕之 教授 救急医学、災害医学、循環器学
伊藤 勝博 教授
(災害・被ばく医療教育センター)
救急医学、災害医学、脳神経外科
横田 貴志 准教授 救急医学、循環器内科学
奈良岡 征都 講師 救急医学、脳神経外科学、災害医学
長谷川 聖子 助教 救急医学、脳神経外科
野村 理 助教
(医学教育学講座)
救急医学、小児救急医学、医学教育学
中山 弘文 助教 救急医学、内分泌代謝内科学

  
独自ホームページ等

救急・災害医学講座、高度救命救急センターホームページ
 



  リンク  プライバシーポリシー  サイトポリシー  
  〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)  
  Copyright 2020 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.