院内専用ページ  サイトマップ  English  
病院概要 診療科等のご紹介 外来のご案内 入院のご案内 医療関係の皆様へ フロア案内 交通アクセス
  ホーム > 診療科等のご紹介 > 診療科 > 脳神経内科

 
 
診療科等のご紹介
 診療科
消化器内科
血液内科
膠原病内科
循環器内科
呼吸器内科
腎臓内科
内分泌内科
糖尿病代謝内科
感染症科
脳神経内科
腫瘍内科
神経科精神科
小児科
呼吸器外科
心臓血管外科
消化器外科
乳腺外科
甲状腺外科
整形外科
皮膚科
泌尿器科
眼科
耳鼻咽喉科
放射線治療科
放射線診断科
産科婦人科
麻酔科
脳神経外科
形成外科
小児外科
歯科口腔外科
病理診断科
救急科
リハビリテーション科
 中央診療施設等
 薬剤部
 看護部
 医療技術部
 医療安全推進室
 感染制御センター
 事務部
    脳神経内科

 
 

冨山 誠彦
科長 冨山 誠彦
総医長 村上 千恵子
病棟医長 西嶌 春生
外来医長 村上 千恵子
   
外来 外来診療棟2階
0172-39ー5252
入院病棟 第一病棟6階


診療科の概要

 脳神経内科は、脳、脊髄、末梢神経、筋などの神経系の病気を総合的に扱う科です。具体的な症状としては、手足の筋力低下・感覚障害、視力・聴覚・言語・歩行の異常やめまい、意識障害、物忘れ、頭痛などです。当科は脳血管障害をはじめパーキンソン病やアルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症をはじめとする神経変性疾患、多発性硬化症や重症筋無力症、ギランバレー症候群などの免疫性神経疾患など、多種多様の神経難病を日常的に扱うほか、脳炎・髄膜炎などの神経感染症、脳卒中、てんかん、頭痛、認知症、筋疾患など、すべての神経疾患の診断治療をひろく手がけています。さらに、糖尿病患者やがん患者、脊椎疾患や外傷を含む全科にまたがった神経系障害・合併症の診断治療も行っています。
 治療に当たっては先進的および標準的な治療手技を積極的に導入し続けているほか、難病克服のための共同開発に数多く取り組むなど、治療最優先の神経疾患診療を行っています。

 
特徴・特色ある診療

 当科には日本神経学会専門医、日本脳卒中学会専門医、日本内科学会総合専門医、日本臨床神経生理学会専門医、日本認知症学会専門医、がおります。北東北の神経疾患の中核病院として脳血管障害や脳炎・髄膜炎のような急性疾患から神経難病や認知症などの慢性疾患までの広い領域の脳神経内科診療を行っています。特にパーキンソン病やその関連疾患,ギランバレー症候群などの末梢神経疾患、多発性硬化症や重症筋無力症などの免疫性神経疾患に積極的に取り組んでいるほか、認知症の早期診断にも注力しています。またボツリヌス療法やバクロフェン髄注療法も手がけています。特にパーキンソン病治療や神経筋電気診断は当科が得意とする分野で、神経伝導検査・筋電図による末梢神経障害や筋疾患の診断を積極的に行っています。

 
外来担当医師及び専門分野

氏  名 職名等 専門分野
冨山 誠彦 教授 脳神経内科一般、パーキンソン病、脳卒中
村上 千恵子 准教授 脳神経内科一般、臨床神経生理学、神経免疫、
ボツリヌス治療、脳卒中
西嶌 春生 講師 脳神経内科一般、パーキンソン病、脳卒中、
認知症
引地 浩基 助手 脳神経内科学
木下 郁 助手 脳神経内科学
渋谷 絵里 医員 脳神経内科学

 
専門外来等

専門再来等 曜日等 主な担当医師
新患外来 (午前) 冨山誠彦、村上千恵子
(午前) 冨山誠彦、村上千恵子
再来外来 (午前) 西嶌春生、渋谷絵里
(午前) 冨山誠彦、村上千恵子
(午前) 引地浩基、木下 郁
ボツリヌス外来 (午後) 村上千恵子
パーキンソン病外来 (午後) 冨山誠彦
認知症外来 (午後) 西嶌春生


独自ホームページ等

脳神経内科学講座ホームページ
 



  リンク  プライバシーポリシー  サイトポリシー  
  〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)  
  Copyright 2020 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.