HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    小児科
  診療科等紹介TOPへ


 
伊藤 悦朗

  診療科長
  伊藤 悦朗
  総医長
  照井 君典
  病棟医長
  工藤   耕
  外来医長
  敦賀 和志

  外来
  外来診療棟3階
  0172−39ー5256
  入院病棟
  第一病棟3階
  0172−39ー5257

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。


 
         
 
 高度の小児医療を幅広い分野にわたって行うために、専門グループ(血液、心臓、腎臓、神経、新生児)による診療を行っています。
 各専門外来の曜日につきましては別表をご覧ください。初診の際には紹介状のほか、事前予約が必要です。ただし、緊急の場合はこの限りではありません。
 病棟の診療体制は、各領域の専門医グループが一人の患者さんを担当するグループ診療を基本にしています。入院した患者さんが、現時点で最も良いと考えられる医療が受けられるように、十分にトレーニングされた専門医の集団が主治医として一人一人の患者さんの診療に当たります。病棟は、重症な患者さんの診療に24時間対応できるように複数の医師による当直体制を取っています。
 

 

         
 
 病診連携を考慮しつつ、患者さんの必要に応じた現時点でもっとも妥当と思われる診療を心掛けています。当科で行われている特色ある診療は以下の通りです。

・血液グループ
   血液疾患や腫瘍性疾患の患者さんの診療にあたっています。各疾患について全国規模の治療研究グループに所属して治療を行っています。また,造血幹細胞移植にも積極的に取り組んでいます。

・心臓グループ
   先天性心疾患,不整脈,川崎病心血管後遺症などの小児心疾患の診療を行っています。産科との連携による胎児心疾患の診断・治療の進歩,複雑心奇形に対する心臓血管外科との協同診療体制の充実により一層の治療成績向上を目指しています。

・腎臓グループ
   腎疾患,免疫疾患,アレルギー疾患を対象を対象としています。特に,免疫抑制剤を用いた難治性腎疾患の新しい治療の開発に力を入れています。

・神経グループ
   難治性てんかんや神経難病の診断・治療を中心に診療を行っています。
 


氏  名 職名等 専門分野
伊藤 悦朗 教 授   血液、腫瘍、内分泌・代謝
高橋  徹 教 授   循環器、川崎病、消化器
(保健学科)
田中  完 教 授   腎疾患、膠原病、アレルギー(含喘息)
(教育学部)
照井 君典 准教授   血液、腫瘍、内分泌・代謝
大谷 勝記 助 教   循環器、新生児
診療講師
佐々木 伸也 講 師   血液、腫瘍、内分泌・代謝
敦賀 和志 助 教   腎疾患、膠原病
山本 達也 助 手   神経疾患、新生児、発達
米坂  勧 応援医師   循環器、川崎病
藤田 浩史 応援医師   神経疾患


専門再来 曜日 主な担当医師
  神経外来   山本達也、藤田浩史
  腎・膠原病・アレルギー外来   田中  完、敦賀和志
  血液・腫瘍外来   伊藤悦朗、照井君典、佐々木伸也
造血幹細胞移植外来
  心臓外来   高橋 徹、大谷勝記、米坂 勧
  内分泌・代謝外来   伊藤悦朗、照井君典



小児科学講座 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~pedia/index.html
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)

Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.