HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    形成外科
  診療科等紹介TOPへ


 

漆舘 聡志

  診療科長
  漆舘 聡志
  総医長
  横井 克憲
  病棟医長
  横井 克憲
  外来医長
  三上 誠
 

  外来
  外来診療棟2階
  0172−39ー5292
  入院病棟
  第二病棟6階

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。


 
         
 
形成外科とは、以下の病気により失われた体表面の機能や形態を、元に近づけたり新たに作ったりする科です。

1. 外傷、外傷後変形(顔面骨骨折、熱傷を含む)
 体の浅い部分の傷は、形成外科で治療します。擦り傷、切り傷や熱傷(やけど)、重症の全身熱傷、交通事故やスポーツなどでの顔の骨折も治療します。事故や手術の傷跡が目立つ場合や、顔の骨折により変形が残った場合の治療も行います。褥瘡(床ずれ)、糖尿病性潰瘍、下肢の血管病変による潰瘍など、治りにくい傷の治療、手術も行っています。
   
2. 腫瘍、腫瘍手術後変形
 体の表面のほくろ、いぼや皮膚がんなど、良性、悪性の腫瘍をできるだけ機能や形態を損なわないように治療します。また、乳がんの手術後、乳房を作るなど、他の科の手術で失われた体の一部を作ったりもします。
   
3. 体表先天異常
 生まれつきの体表面の異常は形成外科で治療します。口唇裂、口蓋裂、耳の形の異常、手足の形や機能の異常などがあります。赤あざ、青あざ、黒あざなど皮膚の異常の治療も行っています。
 

 

         
 
・熱傷
 熱傷の治療では、特に傷の治療、手術で、独自の方法を開発・治療を行っています。また広範囲熱傷では人工真皮移植、培養表皮移植なども利用して治療を行っています。
 
・ケロイド・肥厚性瘢痕
 ケロイド、肥厚性瘢痕(傷跡)の治療において、独自に開発した方法を用いて、治療を行っており、この方法の効果は海外の研究者によっても確かめられています。
 
・顔面骨骨折
 交通事故、スポーツ外傷などで最近顔面骨骨折の患者が増加しておりますが、常時この治療にも対応しています。
 
・顔面の部分再建
 耳、鼻、口唇などの外傷や腫瘍の手術で、新再建法を開発し、機能面,整容面を考慮した治療を行っています。
 
・口唇・口蓋裂
 口唇裂、口蓋裂では、言語聴覚士、矯正歯科医などと連携して、集学的治療を行っています。
 
・乳房再建
 血管吻合を用いた筋皮弁を移動しての乳房再建や、人工乳房(インプラント)を用いた乳房再建を行っています。乳がんで乳房を失った患者の社会復帰を助けます。
 
・褥瘡・難治性潰瘍
 創傷治癒の知識を用いた治療により、褥瘡や糖尿病性潰瘍などの治りにくい傷を速やかに治癒へと導きます。症例によっては手術や陰圧閉鎖療法なども行います。
 
・眼瞼下垂症
 まぶたが下がって見えにくくなっている状態を眼瞼下垂症といいます。まぶたを上げる筋肉に連続する腱膜を固定したり、筋膜や糸でつり上げる手術などで改善が得られます。
 


氏  名 職名  専 門 分 野
漆舘 聡志 教授   顔面組織再建、マイクロサージャリー、
褥瘡・難治性潰瘍、乳房再建
横井 克憲 講師   形成外科一般、唇顎口蓋裂、顎顔面疾患、
顔面骨骨折
三上  誠 講師   形成外科一般
齋藤 百合子 助教   形成外科一般
和田 尚子 助教   形成外科一般


専門再来 曜 日 主な担当医師
乳房再建 金(午前) 漆舘 聡志




形成外科講座 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~plastic/




 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.