HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    放射線診断科
  診療科等紹介TOPへ


 

掛田 伸吾

  診療科長
  掛田 伸吾
  総医長
  小野 修一
  病棟医長
  掛端 伸也
  外来医長
  対馬 史泰

  外来
  外来棟地下1階
  0172−39ー5280
  入院病棟
  第一病棟2階

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。

 
         
 
 放射線診断を担当します。X線CT, MRI(磁気共鳴断層装置)、放射性医薬品を用いた核医学検査(PET-CT, SPECT-CT)による画像診断ならびに血管造影とインターベンショナルラジオロジー(カテーテル治療)を行います。
 院外からの検査の御依頼をお受けいたします。依頼される場合には事前に御連絡をいただき、当日は診療情報提供書を持参くださいますようお願いします。
 

 

         
 
 放射線診断は院内におけるX線CT、MRI、PET-CT、一般核医学の検査を行い、全検査に対して即日レポートしております。X線CTは、2台のdual-energy CT、1台の320列多断層型CTを導入し、がんや心血管などのCT診断を行っています。MRIは1.5T, 3Tそれぞれ1台ずつを備え、特に神経系、骨軟部、骨盤領域の精査に用いています。また、PET-CTによる診断を行い、特にがん診断に威力を発揮しています。
 インターベンションでは頭頸部領域、胸腹部、骨盤内および末梢血管系の血管内治療に貢献しています。またインターベンションを用いた救急疾患対応を行っています。これらの診断結果と治療方針などについて、各科とのカンファレンスを行い、診断を検証しています。
 


氏  名 職 名 専門分野
掛田 伸吾 教 授   画像診断、インターベンション
小野 修一 准教授   画像診断、核医学・PET
診療教授
三浦 弘行 講 師   画像診断、核医学・PET
診療准教授
対馬 史泰 助 教   画像診断、核医学、PET、インターベンション
掛端 伸也 助 教   画像診断、核医学、PET、インターベンション、がん治療
藤田 大真 医 員   画像診断、インターベンション
藤田  環 医 員   画像診断
飯田 沙野 医 員   画像診断
辰尾 宗一郎 医 員   画像診断、インターベンション
辰尾 小百合 医 員   画像診断
丸山  翔 医 員   画像診断、インターベンション
坂下 仁菜 医 員   画像診断



専門再来 曜 日 主な担当医師
  診断外来 月〜金   掛田伸吾、小野修一、三浦弘行、対馬史泰、
掛端伸也、藤田大真
     インターベンション外来 月・水・金   対馬史泰、藤田大真
  掛端伸也
  掛端伸也




放射線診断科学講座(旧放射線科学講座)
http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~radio/




 
〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.