HOME 病院概要 診療科等の
ご紹介
外来診療の
ご案内
入院治療の
ご案内
施設のご案内 交通のご案内 その他 関連施設



    神経科精神科
  診療科等紹介TOPへ


 

中村 和彦

  診療科長
  中村 和彦
  総医長
  古郡 規雄
  病棟医長
  古郡 規雄
  外来医長
  小田桐 元

  外来
  外来診療棟4階
  0172−39ー5253
  入院病棟
  第二病棟8階

  外来診察室配置図へ
  入院病棟配置図へ

  初診、専門外来、紹介状については、こちらをご覧ください。


 
         
 
 当科では、精神科全般について診療を行っています。統合失調症、うつ病、躁うつ病、不安障害、睡眠障害、摂食障害、適応障害、アルコール依存症、薬物依存、認知症、てんかんなどが対象です。さらに子どもの精神科は不登校などの適応障害、自閉症、多動性障害などを診療しています。精神科の治療法としては、薬物療法、精神療法、認知行動療法、修正型電気けいれん療法など病状に応じた治療を行い、特に難治性統合失調症については、クロザピンを使った入院治療を行います。
 

 

         
 
*薬物療法
統合失調症、うつ病、躁うつ病と最近はエビデンスベースドなガイドライン、アルゴリズムがあり、それらに基づく最新の薬物療法を行います。
 
*クロザピンによる入院療法
従来の薬物療法で効果不十分な難治性統合失調症の方に行います。副作用として起こりやすい顆粒球減少症に対しては血液内科の先生に御相談しながら対処します。
 
*認知行動療法
うつ病、不安障害の方に行います。認知のゆがみを明らかにすることで、行動を修正し症状を改善します。専門の臨床心理士が対応します。
 
*摂食障害
低年齢化が進んでいます。第一に身体管理が重要で、ガイドラインに基づいた身体管理をしながら、行動制限療法、精神療法、家族療法を行います。
 
*児童思春期
不登校、発達障害による学校での不適応、うつ状態、解離症状、虐待などを扱います。家庭、学校、関連機関との調整をしながら治療を行います。
 
*てんかん
てんかんには様々な種類があり、適切な診断が重要です。診断後合理的な薬物療法を行います。
 
*修正型電気けいれん療法
身体症状のため薬物治療が行えない方、薬物療法が効果不十分なうつ病、躁病、疼痛性障害に対して、入院治療によって麻酔下で行います。
 
*光療法
季節性うつ病に対して、光をあてることによって症状の改善をはかります。
 
*リエゾン精神医学
入院中の患者さんの各種精神症状に対応します。
 
*精神療法、遊戯療法
心理的な治療については専門の臨床心理士が担当して治療にあたります。
 
外来受診の方へ
初めて精神科を受診される方(初診)は、新患診療日(月、水、金)の午前10時半までに、なるべく家族の方とお越しください。他院に通院中の方は紹介状をお持ちください。
 




氏  名 職名等 専門分野
  中村 和彦 教 授   児童青年精神医学、大人の発達障害
  古郡 規雄 准教授   リエゾン精神医学、緩和ケア、合理的薬物療法、認知行動療法
 診療教授
  斉藤 まなぶ 講 師   児童青年精神医学、認知行動療法
  佐藤 靖 講 師   リエゾン精神医学、緩和ケア、合理的薬物療法
  小田桐 元 助 教   リエゾン精神医学、一般精神医学
  冨田 哲 助 教   リエゾン精神医学、緩和ケア、合理的薬物療法
  宮ア 健祐 助 手   児童青年精神医学
  大里 絢子 助 教   精神療法、認知行動療法
  坂本 由唯 助 手   一般精神医学
  吉田 和貴 医 員   一般精神医学
  柞木田 なつみ 医 員   一般精神医学
  松原 侑里 医 員   一般精神医学
  和田 一丸 教 授   てんかん
(保健学科)
  栗林 理人 特任准教授   児童青年精神医学
(子どものこころの
発達研究センター)
  齋藤 文男 診療応援医師   てんかん



専門再来 曜日 主な担当医師
  児童思春期外来 
 (月:発達外来)
月(午後)   斉藤まなぶ
火(午後)   斉藤まなぶ
水(午前)
木(午前)
  栗林理人
金(午後)   宮ア健祐
    てんかん外来   和田一丸
  齋藤文男
    緩和ケア 水(午前)     古郡規雄、佐藤 靖



神経精神医学講座 http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~psychiat/




〒036-8563 青森県弘前市本町53 TEL 0172-33-5111(代表)
Copyright 2007 Hirosaki University Hospital.All Rights Reserved.